fc2ブログ

琵琶湖・雪見船クルーズ

長浜で開催されている盆梅展を見るために、
それに併せて就航している見船に乗って、
景色の湖北の山並み船上から眺めつつ長浜に向かいました。
080201-1-01.jpg


この船で向かいます。
080201-1-02.jpg


出港~~。
080201-1-03.jpg


私が乗船したのは浜大津の大津港。
琵琶湖大橋をくぐって、いよいよ大きな琵琶湖へ。
080201-1-04.jpg


平日だったので、乗客は私たちのほかにはあとひと組だけ。
ほぼチャーター船状態で、1階と2階の船室をそれぞれ独占してました。(笑)
080201-1-05.jpg


乗客ひとりに一本見酒付きです。
飲んでも持って帰ってもOK。
080201-1-06.jpg


大きな琵琶湖の真ん中あたりを航行中は、360度岸が見えない時間もあるけれど、
しばらくすると、遠くに白い伊吹山が見えてきます。
080201-1-07.jpg


湖北の山並みも見えてきます。
写真を撮るために、暖かい船室からデッキに何度か出てみましたが、
3分が限度。
結構なスピードで航行しているので、風がすごくてめちゃくちゃ寒かったです。
080201-1-08.jpg


竹生島が近づいてきました。
もうひと組のお客さんはここで下船されました。
私は、竹生島は夏に来たので、今回はパス。
080201-1-09.jpg


竹生島に寄港した後、長浜へ向かいます。
伊吹山の方向が長浜
080201-1-10.jpg


長浜港到着~~。
大津港から所要時間2時間半ぐらい。
電車より少し時間はかかりますが、
冬の湖北の景色は予想以上に美しかったので、おすすめですよ。(^_^)
080201-1-11.jpg



琵琶湖汽船
http://www.biwakokisen.co.jp/
関連記事

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click