スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大徳寺・今宮神社・紫野散策

(2012/09/17撮影)
拝観できる塔頭から塔頭へ移動するときの大徳寺境内です。

120917-4-01.jpg

本坊前から法堂や三門が並ぶ横の通路。
ここは、地元の者にとっては今宮神社や紫野高校側から旧大宮や北大路側に抜けるときに通る道。
120917-4-02.jpg

三門「金毛閣」。
120917-4-03.jpg

千体地蔵塚
120917-4-04.jpg

京都観光Navi:大徳寺
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000158



今宮神社参道側に出ると、瓦塀と美しい竹林が見られます。
120917-4-05.jpg

通学路だったので私にとっては見慣れた景色。
120917-4-06.jpg

今宮神社の参道の銀杏並木。
120917-4-07.jpg

今宮神社。
この派手な楼門のわりには中はこじんまりした神社で、
観光に来るところというよりは、地元の人のお宮参りや七五三、結婚式やお祭りのための神社です。
120917-4-08.jpg

今宮神社
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/


今宮神社でぜひ行くべきなのは境内よりもこっち。あぶり餅屋さん。
120917-4-09.jpg

私は南側のかざりや派。
高校の頃からよく長居させてもらって、お世話になりました。(^_^;)
あぶり餅屋さんが両方とも水曜定休なのは30年ぐらい前の紫野高校生には常識(笑)。
120917-4-10.jpg
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。