スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイ・イカール美術館KYOTO

(2012/05/05撮影)
ルイ・イカール美術館KYOTO

120505-2-01.jpg

瑠璃光院に行く少し手前に、真っ赤な紅葉が美しい某企業の保養所があったのですが、
いつのまにか「ルイ・イカール美術館KYOTO」という名前に変わっていました。
その看板を、メモ代わりに1枚撮ってから瑠璃光院に行くと、拝観受付でこちらの入場券をいただきました。
聞けば、某企業の保養所を買い取り、瑠璃光院が運営している美術館とのことで、
瑠璃光院からの帰りに、せっかくなので寄ってみました。
120505-2-02.jpg

ここは、イカール作品のコレクターの家というコンセプトで設計されたそうで、
絵を見せるだけでなく、展示してある部屋も含めて、その時間や空間を楽しむ美術館です。
1階のメインギャラリー。
壁にたくさんの絵が展示されているのですが、この壁を見る前にまず目に飛び込んでくるのが・・・・
120505-2-03.jpg

メインギャラリーに足を踏み入れてまず目に入るのは、この大きな窓の外の美しい庭。
和の瑠璃光院とは全く違う洋の空間なのに、こうした演出に私はどことなく共通点を感じました。
120505-2-04.jpg

1階のサロン。
大きなガラス窓に展示された絵。その向こうは竹の庭。
120505-2-05.jpg

2階には、「Le Jour(ル・ジュール 朝の間)」「Le Soir(ル・ソワール 昼の間)」「La Nuit(ラ・ニュイ 夜の間)」という3つの部屋があり、それぞれのテーマに沿った内装と作品の展示がされています。
これらは、インテリアや作品だけでなく、光、香り、音などを、実際にその場に行って味わったほうがいいので、
あまり写真を出すのは控えておきますね。
120505-2-06.jpg

ルイ・イカールという画家のことは知らなかったのですが、
小難しい芸術作品の絵画ではなく、イラストレーション的な絵なので私は好きです。
絵でも写真でもそうですが、ビジュアル表現というのは、
情報伝達として機能してこそ良い絵であり写真であると思っているので・・。

これは、ダビンチなど多くの芸術家が描いた「LEDA AND THE SWAN(レダと白鳥)」。
スパルタの王の妻レダを白鳥に姿を変えたゼウスが誘惑するというエピソードを書いた本の挿絵が展示されている部屋の1枚ですが、なぜにこの絵は黒鳥なのかはよくわかりません。(^_^;)
120505-2-07.jpg



ルイ・イカール美術館KYOTO
http://www.icartweb.com/www/icartkyoto.html
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。