スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家のあじさい

先日いただいたフラワーアレンジメントに、
メインのお花の根元のグリーン素材に、あじさいの葉が使われていました。
葉っぱだけでなくほんの小さなつぼみもついていたのですが、
これはあくまで脇役の素材として、剪定したつぼみでも使っているんだろうと思ってました。
↓こんな感じ。(オンマウスで矢印が出ます)


でも、数日経ってつぼみを見てみると、少し開花してる!
こんな状態でも開花するんですね。
きれいに咲くのかどうかはわからないですが、
捨ててしまうのもかわいそうなので、メインの花が枯れてもしばらく観察してみようと思います。
咲いたらまた報告しますね。
120531-1-02.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

新緑の貴船神社

(2012/05/26撮影)
川床で食事をした後貴船神社へ。

120526-3-01.jpg

朱の鳥居さえも緑に染まる。
120526-3-02.jpg


石段の手すりはいつのまにか朱色に塗られていました。
昨日、テレビで生中継していたときは手すりはなかったみたいですが、
撮影用に撤去するんでしょうかね・・・?
120526-3-07.jpg

石段の脇のユキノシタ。
まだ咲き始めでほとんどがつぼみでした。
120526-3-03.jpg

本殿のガラス窓に映る新緑。
120526-3-04.jpg

ここは新緑が間近に見られます。
120526-3-05.jpg

この日は、水占おみくじも大盛況で、たくさんの人がやっていました。笑
120526-3-06.jpg


本宮から結社(ゆいのやしろ)あたりまでぶらぶらと散策して引き返してくると、
さっき食事をしたお店の女将さんが声をかけてくださったので、
お店のマイクロバスで叡電貴船口まで送ってもらいました。

この時期はやっぱりちょっと涼しすぎるかもしれませんが、
梅雨の前に、お天気の良い暑そうな日に行ってみるのもいいですよ。
今の時期は食事もお手頃ですしね。
120526-3-08.jpg


貴船神社
http://kibune.jp/jinja/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

貴船の川床「喜らく」

鞍馬寺奥の院から貴船側に降りてきて、まずは川床で遅めの昼食。
今回は先に鞍馬へ行ったので、食事の時間が読めなかったので、
どこへも予約せずにいきあたりばったりで、こちらの「喜らく」さんで湯豆腐を食べました。

120526-2-01.jpg

山を歩いてきたときはすごく暑かったんですが、さすがに川床は涼しくて、
湯豆腐がちょうどいい感じでした。
120526-2-02.jpg

湯豆腐のコースには、子持ち鮎の甘露煮がついていました。
これがとても美味しい!塩焼きより好きかも・・・。
120526-2-03.jpg

席のすぐ横の清流。
120526-2-04.jpg

頭上は新緑の天井。
お客さんが少なかったのでゆっくりのんびりさせていただきました。
120526-2-05.jpg


喜らく
http://www.kibune-kiraku.jp/



今回はどこのお店にしようかいろいろ見て歩いたのですが、
お店によっては2000円前後から川床で昼食が食べられるところもありました。
本格シーズン前のこの時期だけなのかもしれませんが、
若い人でも気軽に行けそうなお店がいくつかありましたよ。
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

新緑の鞍馬

(2012/05/26撮影)
先週末、良いお天気だったので、例年より少し早めに貴船・鞍馬方面に行きました。

120526-1-01.jpg

まずは叡電鞍馬へ。
120526-1-02.jpg

鞍馬寺。
いつものように多宝塔まではケーブルカーに乗って・・・。
120526-1-03.jpg

パワースポット人気のせいでしょうか?本堂前の三角(金剛床)の上に立つために行列ができていました!?
前の人が三角の上に立っているあいだ、この敷石のまわりの四角形の枠の外でお行儀良く並んで待ってる観光客の人達。
なんか変なの・・・。いつからこんな習慣になったんですか?ここは。
なんか違和感を覚えたので、ちょっと検索して見たら、この三角はご本尊だかご尊天だかを表しているので、この上に乗ってはいけないそうですよ。w
120526-1-04.jpg

三角に近づいて写真を撮るなどできそうにない雰囲気だったので、
行列の人の切れ間に遠くから写真だけ撮って、普通に本殿にお参りしておきました。
120526-1-05.jpg

そして、奥の院の山道へ。
120526-1-06.jpg

いくつかのお堂を巡って・・、
120526-1-07.jpg

木の根道を下って貴船へ。
120526-1-08.jpg


鞍馬寺
http://kuramadera.com/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

嵐山モンキーパークいわたやま・今年の赤ちゃん

(2012/05/20撮影)
三船祭の船遊びが始まる前に、モンキーパークの今年の赤ちゃんに会いに行ってきました。

120520-2-01.jpg

今年は今のところ3頭生まれたそうですが、
早く生まれた子は、お母さんから離れてよちよち歩きをしたりして、かわいい盛りでした。
120520-2-02.jpg

でも、ちょっと離れすぎると・・・
120520-2-03.jpg

すぐにお母さんが連れ戻します。
120520-2-04.jpg

上の写真の親子と同じ親子なのか見分けがつかないんですが、
この子もやんちゃ盛り。
120520-2-05.jpg

120520-2-06.jpg

お母さんとお姉ちゃん(叔母さん?)と3人家族のようです。
120520-2-07.jpg

赤ちゃんも可愛いですが、お母さんの表情や仕草もいいですね。
小さな木に登った赤ちゃんが落ちないように、細い枝が揺れないように手で押さえてる。
120520-2-08.jpg

この子はまだ小さくてずっとこの状態だったので、
たぶん2番目か3番目に生まれた赤ちゃんでしょうね。
120520-2-09.jpg


嵐山モンキーパークいわたやま
http://www.kmpi.co.jp/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

京都府立植物園のバラ

(2012/05/19撮影)
土曜日に植物園に行ったときの写真です。
バラが見頃になっていました。
春のバラは、一斉に咲くみたいですね。
120519-2-01.jpg

つるバラもいろいろ咲いていました。
120519-2-02.jpg

ベルニールポールセン。
120519-2-03.jpg

パーマネントウェーブ。
120519-2-04.jpg

ケアフリーワンダー。
120519-2-05.jpg

ラブ。
120519-2-06.jpg

ラブと似てますが、花びらが多いトライアンフ。
120519-2-07.jpg

ヴォーグ。
120519-2-08.jpg

アラベスク。
120519-2-09.jpg

オセロ。
120519-2-10.jpg

黒真珠。
120519-2-11.jpg

プリンセス ドゥ モナコ。
よく見ると小さな緑色のクモがいました。
120519-2-12.jpg

春のバラは香りが少ないそうですが、これだけ一斉に咲くといい香りが漂っていましたよ。


京都府立植物園
http://www.pref.kyoto.jp/plant/
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

金環日食

金環日食。
これはベイリービーズかな?
京都ではこんな感じで、ぎりぎり繋がった輪が1分ほど見られました。
120521-1-01.jpg

専用フィルタは買わなかったのですが、普通のNDフィルタと、
PLなどそのへんにあった同じ口径のフィルタを何枚も重ねて撮ってみました。
120521-1-02.jpg

太陽はそこにあってよく晴れているのに、あたりが少し薄暗いという不思議な雰囲気でした。
晴れてよかったですね。
120521-1-03.jpg


デジカメは三脚に据えたままだったので、iPhoneで影などをいろいろ撮ってみました。
ベランダの植物で出来た木漏れ日風の影。
120521-1-04.jpg

キッチンから探してきた蒸し器の底。
120521-1-05.jpg

この↑のキッチンツールで床に日食を写してみました。
上下逆さまに見えるんですね。
120521-1-06.jpg

指で作った穴でもちゃんと三日月型になりました。
手そのものも影も、普段とはちょっと違いますね。
120521-1-07.jpg

関連記事

テーマ : 金環日食
ジャンル : 写真

嵐山・三船祭と東映京都撮影所の火事の煙

久しぶりに三船祭を見に行きました。

120520-1-01.jpg

今年は船の上から見物・・・
船に乗る前にも一度川下の方で煙が上がっていて、消防車のサイレンも聞こえてたのですが、
その後おさまっていたのに、船に乗って川下の方を見たら、さっきよりすごい煙が上がっていました。
何かが燃える臭いもこのあたりまで漂って来ていて、上空にはヘリが何台も来ていて、
大きな火事なんだろうなと思いました。
(帰る頃に、ネットのニュースを見て撮影所の火事だったということがわかりました。)
120520-1-02.jpg

祭会場の嵐山渡月橋付近一帯にも火事の煙が漂って、
しばらくの間、こんな風に少し霧がかかったようになっていました。
120520-1-03.jpg

曇天の上に黒い煙がたちこめて、川の上は少し寒いぐらいでした。
120520-1-04.jpg

120520-1-05.jpg

120520-1-06.jpg

早めに船に乗ったので、30分の遊覧時間は、まだお祭りの序盤のうちに終わってしまいました。
120520-1-07.jpg

なので、扇流しは岸から見ることに・・。(^_^;)
120520-1-08.jpg

一部踊りも岸からでも結構間近に見られます。
120520-1-09.jpg

可愛い舞妓さんも船に乗ってました。貸し切りの見物船かな?
120520-1-10.jpg


車折神社
http://www.kurumazakijinja.or.jp/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

京都府立植物園の芍薬

良い天気だったので、散歩がてらに植物園に行ってみました。
バラ他いろいろ咲いていましたが、まずは芍薬。

朝日の里。
120519-1-01.jpg

潮騒。
120519-1-02.jpg

華燭の典。
120519-1-03.jpg

コーラルチャーム。
120519-1-04.jpg

インスペクター。
120519-1-05.jpg

白楽天。
120519-1-06.jpg

大花筏。
120519-1-07.jpg

さつき。
120519-1-08.jpg

オリエンタルゴールド。
120519-1-09.jpg

ソルベット。
120519-1-10.jpg

もう少し他の種類も咲いていましたが、
芍薬の花壇を全体に見渡してもまだ満開というわけではなさそうだったので、
まだこれからが見頃だと思います。
120519-1-11.jpg


京都府立植物園
http://www.pref.kyoto.jp/plant/
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

みそのばし中華のサカイの冷麺

葵祭の日、上賀茂神社に行く前に、御薗橋通りの中華のサカイに行きました。
サカイといえばこの「冷麺」。
私にとっては高校時代からのなじみの味です。
(別にこのあたりに高校があるわけではないですが・・・)
最近は、こういうゴマだれの冷やし中華はよく見かけるようになりましたが、
当時は珍しく、私はここでしか食べたことがありませんでした。
もちもちの麺と刻んだ焼豚とキュウリが、このゴマだれの味にとてもよく合うと思います。

120518-2-01.jpg


みそのばし 中華サカイ
http://www2.ocn.ne.jp/~m-sakai/



以前、新大宮商店街にある本店の方も記事にしています。
http://kyotofreebirds.blog109.fc2.com/blog-entry-653.html

関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

葵祭・上賀茂神社 社頭の儀

(2012/05/16撮影)
例年通り5月15日なら用事があったので、今年の葵祭はあきらめていたのですが、
15年ぶりに雨で順延となったので、久しぶりに社頭の儀に参列してきました。
120516-1-01.jpg

お昼過ぎ頃には受付を済ませて、あとは行列到着までただひたすら待つのみ。
暇なので地べたにカメラを置いて、こんなのを撮ってみたり・・。
120516-1-02.jpg

大田神社までカキツバタを見に行ってみたり・・。
(*カキツバタはもう終わりかけ、ツツジもほとんど枯れています*)
120516-1-03.jpg

上賀茂神社に戻り、渉渓園でひとやすみしたり・・。
120516-1-04.jpg

渉渓園でいただけるお抹茶とやきもち。
120516-1-05.jpg

あっちこっちうろうろした結果、今年は行列をここから見ることに・・。笑
120516-1-06.jpg

上の写真の中央より少し右のあたりを望遠で覗くと、
報道陣がカメラを構えて準備しはじめました。
120516-1-07.jpg

行列が上賀茂神社の前に到着し、馬や車を降りて再び隊列を整え、
3時45分頃ようやく一の鳥居のから二の鳥居へ参進してきました。
120516-1-08.jpg

雅楽の調べと共にこのあと女人列が続きます。
120516-1-09.jpg

斎王代もおよよから降りて歩いて参進します。
120516-1-10.jpg

行列を彩る風流傘は二の鳥居の手前まで進むと、鳥居の外に並べて立てられます。
120516-1-11.jpg

二の鳥居の中では社頭の儀のために、参列者が所定の位置につきます。
120516-1-12.jpg

おつかれさんの童女たち。
あともう少しだからがんばってね。
120516-1-13.jpg

そして粛々と神事は進みます。
120516-1-14.jpg

神事の最中は参列者全員で起立したり頭を下げたりしますので、
ひとつの神事が済み、つぎの神事へと準備をしている間などぐらいしか写真を撮らないので、
こんな写真ばかりですが・・。
120516-1-15.jpg

橋殿で東遊が舞われて二の鳥居内での神事は終了。
120516-1-16.jpg

このあと、二の鳥居の外に場を移して走馬の儀が行われ、6時すぎごろすべての行事が終わりました。
120516-1-17.jpg


社頭の儀は、数年前に行ったときに、不正に入り込んだ人が参列者席の前に立って出てきて、
無遠慮に写真を撮りまくってブログにアップしていたりして、なんだか雰囲気が悪くなったなあと思っていたのですが、
今年久しぶりに行ってみると、うろうろと前に出てきて写真を撮る人は厳しく注意されていて、
席にちゃんと座っている人がそういう人達のせいで見えなくなるということはありませんでした。
っていうか、関係者じゃなさそうな人はいませんでした。
入場チェックも厳しくなったのかもしれませんね。よかった。


上賀茂神社
http://www.kamigamojinja.jp/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

平野神社・雨の日のたんぽぽ

用事で平野神社を通ったときにみつけた雨の日のたんぽぽの綿毛。
120515-1-01.jpg

小さな雨粒も綿毛にとっては重いでしょうね。
120515-1-02.jpg

雨の日は遠くへ飛べないから、綿毛も閉じて落ちないようにじっと耐えているのでしょうか。
120515-1-03.jpg

少し前、晴れた日のたんぽぽの綿毛。
晴れた日はふさふさでふわふわ。
120426-2-01.jpg
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

紙兎ロペ

TOHOシネマズ二条で、紙兎ロペの舞台挨拶がありました。
映画好きなら誰もが知ってる本編上映前の短編アニメ「紙兎ロペ」が、
まさかの映画化ということで、どうせならと、舞台挨拶の回に観てきました。
長編になるとどうなるのかちょっと不安だったんですが、期待以上に面白かったです。

120513-1-01.jpg

真ん中の小柄な男性が、デザイン、脚本、監督、そして主要キャラクターの声優をひとりでこなす内山勇士氏。
120513-1-02.jpg

紙兎ロペ
http://kamiusagi.jp/


TOHOシネマズ
https://www.tohotheater.jp/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

びわ湖バレイのスイセン満開

びわ湖バレイのスイセンを見に行きました。

120512-1-01.jpg

ロープウエイで山の上に着いたら・・・・真っ白。
120512-1-02.jpg

お昼頃には晴れるという天気予報を信じて、とりあえずゆっくり食事をしながら天気の回復を待って、
雨が上がったのでスイセンが咲いている斜面まで歩いて行きました。
120512-1-03.jpg

今日は下界も寒かったみたいですが、ここは気温2度だったそうで、
軽装で行ってしまったので、ものすごく寒かったです。
120512-1-04.jpg

途中まで斜面を登ってみましたが、あまりの寒さに一時退散。
120512-1-05.jpg

近くの建物の中でまたしばらく待っていると、少し空が明るくなってきたので再び外に出てみました。
120512-1-06.jpg

ときどき薄日が射したりして少し暖かくなってきたので、
スイセンの斜面を上まで登ってみました。
120512-1-07.jpg

上から見るとこんな感じ。
私はスキーをしないので知らなかったのですが、スキーってこんな急斜面を滑るんですか・・・。
怖すぎ。どうかしてる。
120512-1-08.jpg

怖すぎといえば、びわ湖バレイでは、
ときどきあちこちの谷で人が宙づりで空中を移動していくのを見かけました。
120512-1-09.jpg

こういう感じで・・・・。
120512-1-10.jpg
実はこれ、ジップラインアドベンチャーというアトラクションだそうです。
詳しくはこちら
http://www.biwako-valley.com/topics/detail-1695.html
これは楽しそう。ま、かなり怖そうですけど・・・。
でも、この悪天候でも結構やってる人は多かったですよ。
若い人に人気のアクテビティみたいです。

帰る時間になる頃、山の上から琵琶湖が見えるようになってきました。
山の上はあいかわらガスがかかっていましたが、下界は晴れてきた様子。
120512-1-11.jpg

帰りのロープウエイを待つ間、こんなにきれいな琵琶湖見ることが出来ました。
120512-1-12.jpg


びわ湖バレイ
http://www.biwako-valley.com/
関連記事

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

大田神社の杜若

大田神社の杜若を見に行きました。

120510-1-01.jpg

神社の前に着くと、朱の垣根とピンクのツツジの向こうに、
ほんのり薄紫色が見えました。
120510-1-02.jpg

まずは本殿でお参りを済ませて、わくわくしながら大田の沢に入ってみると、
ほぼ全面にたくさん咲いていました。
120510-1-03.jpg

お天気も良く、風もあって、とても爽やかでした。
120510-1-04.jpg

青もみじと杜若。
120510-1-05.jpg

つつじもまだきれいでした。
120510-1-06.jpg

今はまだ一番花が咲いているようなので、このあとまだしばらく楽しめそうです。
120510-1-07.jpg

参道脇の溝(小川?)では、タゴガエルの声が聞こえていました。姿は見えず。
120510-1-08.jpg

もうすぐ葵祭。上賀茂はお祭りの準備が進んでいました。
120510-1-09.jpg


上賀茂神社
http://www.kamigamojinja.jp/


平成24年大田神社「かきつばた」のご案内(上賀茂神社サイト内)
http://www.kamigamojinja.jp/topics/2012/2012_kakitsubata.html
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

ガーデンミュージアム比叡・春の花

(2012/05/05撮影)
瑠璃光院に行った後、ケーブル&ロープウエイで比叡山にのぼってきました。
今シーズン初めてのガーデンミュージアム比叡。

120505-3-01.jpg

下から見ていると、連休中、雲がかかっていることが多かった比叡山ですが、
冷たい雨が降った日も多かったのでしょうか?少し花が傷んでいました。
それでも、下界より少し遅い春の花がいろいろ咲いていました。
120505-3-02.jpg

120505-3-03.jpg

120505-3-04.jpg

120505-3-05.jpg

黒いビオラ。
120505-3-06.jpg

黄色いカタクリ。
120505-3-07.jpg

ピンクのハートの鯛釣草。
120505-3-08.jpg

120505-3-09.jpg

花ホタルに乗っていた小さなバッタ。
120505-3-10.jpg

ピンクッション。
120505-3-11.jpg

木漏れ日の丘では石楠花が満開でした。
120505-3-12.jpg

桃や八重桜も満開。
120505-3-13.jpg


ガーデンミュージアム比叡
http://www.garden-museum-hiei.co.jp/
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

ルイ・イカール美術館KYOTO

(2012/05/05撮影)
ルイ・イカール美術館KYOTO

120505-2-01.jpg

瑠璃光院に行く少し手前に、真っ赤な紅葉が美しい某企業の保養所があったのですが、
いつのまにか「ルイ・イカール美術館KYOTO」という名前に変わっていました。
その看板を、メモ代わりに1枚撮ってから瑠璃光院に行くと、拝観受付でこちらの入場券をいただきました。
聞けば、某企業の保養所を買い取り、瑠璃光院が運営している美術館とのことで、
瑠璃光院からの帰りに、せっかくなので寄ってみました。
120505-2-02.jpg

ここは、イカール作品のコレクターの家というコンセプトで設計されたそうで、
絵を見せるだけでなく、展示してある部屋も含めて、その時間や空間を楽しむ美術館です。
1階のメインギャラリー。
壁にたくさんの絵が展示されているのですが、この壁を見る前にまず目に飛び込んでくるのが・・・・
120505-2-03.jpg

メインギャラリーに足を踏み入れてまず目に入るのは、この大きな窓の外の美しい庭。
和の瑠璃光院とは全く違う洋の空間なのに、こうした演出に私はどことなく共通点を感じました。
120505-2-04.jpg

1階のサロン。
大きなガラス窓に展示された絵。その向こうは竹の庭。
120505-2-05.jpg

2階には、「Le Jour(ル・ジュール 朝の間)」「Le Soir(ル・ソワール 昼の間)」「La Nuit(ラ・ニュイ 夜の間)」という3つの部屋があり、それぞれのテーマに沿った内装と作品の展示がされています。
これらは、インテリアや作品だけでなく、光、香り、音などを、実際にその場に行って味わったほうがいいので、
あまり写真を出すのは控えておきますね。
120505-2-06.jpg

ルイ・イカールという画家のことは知らなかったのですが、
小難しい芸術作品の絵画ではなく、イラストレーション的な絵なので私は好きです。
絵でも写真でもそうですが、ビジュアル表現というのは、
情報伝達として機能してこそ良い絵であり写真であると思っているので・・。

これは、ダビンチなど多くの芸術家が描いた「LEDA AND THE SWAN(レダと白鳥)」。
スパルタの王の妻レダを白鳥に姿を変えたゼウスが誘惑するというエピソードを書いた本の挿絵が展示されている部屋の1枚ですが、なぜにこの絵は黒鳥なのかはよくわかりません。(^_^;)
120505-2-07.jpg



ルイ・イカール美術館KYOTO
http://www.icartweb.com/www/icartkyoto.html
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

三室戸寺・雨に煙るつつじ

小雨の中、GW最終日は三室戸寺のつつじを見に行きました。

120506-1-00.jpg

まだつぼみもありますが、全体的には見頃です。
120506-1-02.jpg

こんなにたくさん咲いてるときに来たのは初めてかもしれません。
120506-1-03.jpg

あいにくの雨でしたが、花も新緑も近くで見ると、雨に濡れた深い色がとてもきれいでした。
120506-1-04.jpg

バラのような、八重咲きのつつじ。
120506-1-05.jpg

しばらく散策していると、雨が上がって薄日が射してきたので、
丘の上にものぼってみました。
120506-1-06.jpg

丘の上から見下ろしたところ。
120506-1-07.jpg

つつじの丘の上から、石楠花の山の方にものぼってみると、
深紅の石楠花が満開でした。
120506-1-08.jpg

あと一ヶ月もすると、こんどは紫陽花が咲き始めますね。
120506-1-09.jpg


三室戸寺からシャトルバスに乗って、駅に着いた頃にはすっかり晴れていたので、
宇治川を眺めるテラスがあるカフェでひとやすみ。
120506-1-10.jpg

こちらでは麺類のランチがいただけるようです。
ちょうど晴れている時間だったので、宇治川のゆったりした流れを眺めつつのんびりさせていただきました。
120506-1-11.jpg
カフェ・アドリアーナ・ノーヴェ
京阪宇治駅すぐ

三室戸寺
http://www.mimurotoji.com/
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

瑠璃光院の青もみじ

(2012/05/05撮影)
GW中、でかけられる都合とお天気のタイミングが最高だった5日は、瑠璃光院に行ってきました。

120505-1-01.jpg

去年の秋の公開のときには都合がつかず行けなかったので約一年ぶりです。
120505-1-02.jpg

秋の紅葉シーズンより、この翡翠色の世界が一番好きです。
120505-1-03.jpg

カエデの若葉のほか、馬酔木の若葉も美しい緑色の空間を作っています。
120505-1-04.jpg

山門をくぐって、参道を登っていく途中に見える茶庵。
120505-1-05.jpg

書院の二階。
写経をする人、庭を見下ろしてくつろぐ人、まずはこの広間でゆっくり過ごします。
120505-1-06.jpg

120505-1-07.jpg

二階から見下ろした瑠璃の庭。
120505-1-08.jpg

障子が緑に染まる。
120505-1-09.jpg

一階の縁側で、瑠璃の庭を見ながらいただくお茶。
今年はこんなお菓子でした。
120505-1-10.jpg

臥龍の庭。
120505-1-11.jpg

臥龍の庭の池にいた金魚(鯉の稚魚?)。
きれいな波紋を作ってくれました。
120505-1-12.jpg


瑠璃光院
http://rurikoin.komyoji.com/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

下鴨神社・流鏑馬神事

(2012/05/03撮影)
恒例の流鏑馬を見に行きました。
今年は雨が心配されましたが、なんとか降らずに済みました。

120503-1-01.jpg

途中、馬のコンディションの都合で5頭から3頭に減ったりもしましたが、
射手の皆さんの集中力は途切れることなく、今年はよく的に当たっていました。
120503-1-02.jpg

120503-1-03.jpg

120503-1-04.jpg

的や後ろの壁に力強く刺さった矢もありました。
120503-1-06.jpg

流鏑馬の有名人。ラストサムライで流鏑馬の指導をされた藤井さん。
120503-1-05.jpg

こちらも流鏑馬の有名人。小笠原流の若様、小笠原清基さん。
すべての的を当てて「皆中」でした。
それと、背景の流れ具合でわかるように馬がとても速い。流石ですね。
120503-1-07.jpg


下鴨神社
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

「旅色PICK UP!」に掲載されました

集英社女性誌のポータルサイトs-woman.netの「旅色PICK UP!」というコンテンツに、
当ブログの琵琶湖のハマヒルガオの写真が掲載されました。
100605-1-01.jpg


掲載ページはこちら
http://www.s-woman.net/tabiiro/cms/detail_1000015319.html



ファッションやビューティ情報満載。集英社女性誌を中心としたポータルサイト
s-woman.net
http://www.s-woman.net/
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

京都水族館

今春オープンした京都水族館に行って来ました。

120501-1-01.jpg

京都水族館のメインキャラクター的なオオサンショウウオ。
120501-1-02.jpg

ゴマフアザラシ。
チューブには一回も入りませんでした。(^_^;)
120501-1-03.jpg

空飛ぶペンギン。
120501-1-04.jpg

水中を泳ぎ回るペンギン。
120501-1-05.jpg

大きなタコ。
120501-1-06.jpg

ウニ。
120501-1-07.jpg

エビ。
120501-1-08.jpg

クラゲ。
120501-1-09.jpg

120501-1-10.jpg

オウムガイ。
120501-1-11.jpg

ヒトデ。
120501-1-12.jpg

触れるネコザメ。
120501-1-13.jpg

イルカスタジアム。
120501-1-14.jpg

水族館本体は海遊館や須磨には遠く及ばないこじんまりしたものですが、
イルカショーのステージは大きくて、景色も良くて客席も広い立派なものでした。
そろそろ空いてるかと思って行ってみたのですが、今日は遠足で来ている児童生徒でいっぱいで、
イルカショーを見た後、人の波に流されて行くと出口に出てしまい、見落としたエリアがあったみたいです。
海遊館のように、大人数でもうまくさばけるような作りになってない(通路が狭かったり)ので、
もう少し落ち着いてから空いているときにまた行きたいと思います。


それから、ここは駐車場がないんですね。(障がい者用は有るらしいです)
まだベビーカーが必要な小さな子は、すごく行きにくいらしいです。
駅からは遠いし、混雑したバスにベビーカー持って子供を抱っこして乗るのもたいへんだし、
ベビーカーは他の乗客から冷たい目で見られるし、
だからといって、水族館ではベビーカーの貸し出しもない。
どうせいっちゅうねん!という状態らしいですよ。
車に乗って来ちゃいけないならせめてベビーカーぐらい用意してあげたらどうなんでしょうね。


京都水族館
http://www.kyoto-aquarium.com/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

松尾大社の山吹

(2012/04/28撮影)
長岡天神と乙訓寺に行ったあと、阪急沿線なのでついでに松尾大社にも行って見ました。
夕方4時近くになっていたので、閉門されてしまうんかないかとドキドキしながら行ったのですが、なんとか間に合いました。

120428-0-05.jpg

山吹はすでに満開。
120428-0-06.jpg

夕方だったので人も少なく、川辺の山吹もじっくり鑑賞できました。
120428-4-01.jpg

120428-4-02.jpg

山吹の向こうにハート型のおみくじ結び。
120428-4-03.jpg

本殿の前。
120428-4-04.jpg

120428-4-05.jpg

駐車場の方に行く坂道のあたり。ここが一番たくさん咲いてます。
120428-4-06.jpg

今は日が長いので、夕方でも十分鑑賞できます。
120428-4-07.jpg

松尾大社
http://www.matsunoo.or.jp/
関連記事

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。