スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕古道街道灯し

あだしの念仏寺千灯供養の日は、愛宕古道街道灯しが行われています。

110824-2-01.jpg

主催は嵯峨野保勝会らしいのですが、この行事自体の公式サイトがなさそうなので、
正しい詳細がわかりません。

でもこのあかりのひとつひとつが、凄いんですよ。
子供さんの作品のようなものもあり、美大の学生さんの作品のようなのもあり、
伝統工芸の作家さんや職人さんの作品のようなものもあり、ご近所の一般の方の作品のようなものもあり、
作風はいろいろなんですが、どれも素晴らしく芸術的センスに富んだ作品です。
110824-2-02.jpg

そして、今年は、復興への願いや祈りを書かれたものがたくさんありました。
110824-2-03.jpg

110824-2-04.jpg

110824-2-05.jpg

あかりの形は、大小、いろいろな形があり、見ていてとても楽しいです。
これは、提灯型の小さいもの。
110824-2-06.jpg

こちらは、薪のような感じ。
110824-2-07.jpg
一番上の写真は、この球体よりもっと大きな球体が、高架の天井からぶら下げられていました。

夏の「灯り」イベントでは、「京の七夕」よりこっちの方が素敵だと思います。

嵯峨野保勝会
http://raku.city.kyoto.jp/kanko_top/hoshokai/hoshokai_7.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

あだしの念仏寺・千灯供養

京都の夏の終わりは、あだしの念仏寺の千灯供養。

110824-1-01.jpg

夕方まだ明るいうちに嵯峨に到着。
110824-1-02.jpg

少し時間があったのでかき氷でひとやすみ。
お食事処のかき氷でしたが、ふわふわの氷で美味しかったですよ。
110824-1-03.jpg

念仏寺へ。
110824-1-04.jpg

たくさんの人がろうそくをお供えしていました。
110824-1-05.jpg

110824-1-06.jpg

110824-1-07.jpg

賽の河原の石仏にろうそくをお供えして出てくると、もうすっかり暗くなっていました。
110824-1-08.jpg


あだしの念仏寺
http://www.nenbutsuji.jp/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

比叡山・かぶと虫の家

*今回も、が嫌いな女性の方はご覧にならないでくださいね。*

(2011/08/08撮影)
比叡山ドライブウエイの夢見が丘で、「かぶとの家」が開催中でした。(8月16日終了)
花火待ちのあいだに見に行ってみました。
110808-2-01.jpg

ネットで囲われた山の斜面の一角にカブトムシがたくさんいて、
子供達がさわれるようになっています。
110808-2-02.jpg

かぶとの家でひととおり遊んで出てくると、カブトムシやクワガタを販売しているブースや、
珍しいカブトムシを展示している小屋に案内されます。
コーカサス。
110808-2-03.jpg

展示場ではケースに入って展示されていますが、係の人がケースから出して見せてくれたり、
詳しく説明をしてくださいます。
ヘラクレス。
110808-2-04.jpg

名前は忘れたけど、すごく強くて大きいクワガタの一種。
110808-2-05.jpg

こちらは、ヘラクレスをさわれるコーナー。
はいどうぞ・・と、幼を土から掘り起こしてテーブルに置いてもらえるんですが、
小さめのバナナぐらいの大きさにびっくり!
まあ、大きくなくても。私は成も幼もさわれませんが・・。
110808-2-06.jpg

アップで見ると、可愛いといえば可愛いんだけど・・。
でもやっぱりさわれないなぁ。
110808-2-07.jpg


比叡山ドライブウエイ
http://www.hieizan-way.com/

*今年のかぶと虫の家はすでに終了しています。*
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

国立京都国際会館・感謝の夕べ

毎年恒例の宝ヶ池国際会館の花火宴会に行って来ました。

110817-1-01.jpg

今年のテーマはベトナム。
ベトナムの民族楽器トルンの演奏もありました。
トルンは竹でできたマリンバのような音がする打楽器です。
110817-1-02.jpg

アオザイのファッションショーもありました。
110817-1-03.jpg

アオザイってすごく素敵ですよね。
可愛くもあり、セクシーでもあり、エレガント。
110817-1-04.jpg

そして花火のはじまり~~。
110817-1-05.jpg

花火大会のような大きな花火ではありませんが目の前で見られるのが良いです。
しかもビール飲み放題で。
110817-1-06.jpg

今年は、いつもより花火が豪華だったような気もします。
110817-1-07.jpg

池に映るナイアガラ。
110817-1-08.jpg

そして、マイケルジャクソンの Heal the World が流れる中、
復興へのメッセージが浮かび上がりました。
110817-1-09.jpg


国立京都国際会館
http://www.icckyoto.or.jp/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

五山の送り火

今年も五山の送り火が行われました。
まずはじめに、京都市民として、被災地の皆様にお詫び申し上げます。
純粋に鎮魂や復興への祈りだけで動いた人、そうでない人、
放射能ヒステリー、差別、政治的思わく・・・
いろいろ入り乱れて、とんでもない失態を演じてしまった京都。
でも、忘れてはいけないのは、震災で傷ついた人をさらに傷つけてしまったという事実。
自分も含めて、燃やすべきだったと考える多くの市民の方々は、
それだけはこれから先ずっと忘れないでいましょ。


今年は、如意ヶ嶽の大文字の点火が始まる頃、「赤い」が姿を現しました。
110816-1-01.jpg

しばらくすると、勢いよく燃えて、美しい形の「大文字」になりました。
(300mm)
110816-1-02.jpg

引っ越しして初めての夏。
部屋の中からはこんな感じで見えました。
110816-1-03.jpg

家から見えるのは如意ヶ嶽の「大」だけで、他は外に出て非常階段から見ました。
「妙」(300mm)
110816-1-04.jpg

「法」(300mm)
110816-1-05.jpg

「舟」(300mm)
110816-1-06.jpg

「左大文字」(300mm)
110816-1-07.jpg

「鳥居」(300mm)
110816-1-08.jpg


今年は五山見えないかもと思っていましたが、結局は前の家よりよく見えるようになりました。(^_^)
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

花脊の松上げ

去年は小塩の松上げを見に行きましたが、今年は花脊の松上げを見に行きました。

110815-1-01.jpg

老人会のバスのような(笑)松上げ鑑賞バスに揺られて、明るいうちに会場に到着。
点火は9時頃とのことなので、ひたすら待つ。
110815-1-02.jpg

夜9時前頃、松明を持った人たちが会場に入り、
河原に立てられたたくさんの松明にひとつひとつ点火していきます。
110815-1-03.jpg

河原のすべての松明が灯ると、いよいよ松上げのはじまりです。
110815-1-04.jpg

松を束ねてひもを付けた「上げ松」をぐるぐる回して、
高さ20mの柱の上に取り付けられた「大笠」に向かって投げ上げます。
110815-1-05.jpg

上げ松が大笠にうまく乗ると、大笠に火がつきます。
110815-1-06.jpg

大笠が燃えはじめてもまだまだ上げ松を投げ上げられます。
110815-1-07.jpg

大笠が激しい炎を出し、火の粉を降らせ始めるとそろそろクライマックス。
110815-1-08.jpg

大笠が地面に倒され松上げが無事終了しました。
110815-1-09.jpg


旧若狭街道一帯の各所で行われている松上げですが、
場所ごとにやり方や大松明の呼び名などが少しずつ違っていて面白いですね。

関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

びわ湖大花火大会2011

比叡山の展望駐車場からびわ湖大花火大会を見ました。
昼間からずっと待っていたんですが、ようやくあたりが暗くなって遊覧船が花火見物の位置につくと花火がはじまります。
110808-1-01.jpg

東日本大震災の犠牲者となった方々への慰霊の気持ちと復興への祈りを込めた20号玉だそうです。
(20号玉は高さ約500m、大きさ直径480m)
110808-1-02.jpg

遠くからでも見応えのある大きな花火の数々。
110808-1-03.jpg

110808-1-04.jpg

110808-1-05.jpg

この紫色の花火、地味だけど結構好き。
110808-1-06.jpg

110808-1-07.jpg

水面に向かって斜めに打ち上げて低い位置で花開く水中花火
110808-1-08.jpg

色とりどりの花火。
これは、そんなに大きな花火ではなかったんですが色がきれいですね。
110808-1-09.jpg

これは何の形なのか???駒?どんぐり?
110808-1-10.jpg

フィナーレの豪華な花火。
110808-1-11.jpg


びわ湖大花火大会
http://www.biwako-visitors.jp/hanabi/

関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

京都御苑・拾翠亭

トンボ池の後に、拾翠亭に行くのも毎年のコース。
タイミングが良ければ、二階の窓から見える百日紅が、
ちょうどいい具合の咲いているんですが、今年はまだちょっと花が少なめでした。

110806-2-01.jpg

当然のことながら冷房などありませんが、
建物の中はとても涼しいです。
110806-2-02.jpg

一階からの眺め。
110806-2-03.jpg

上の写真の一階の広縁を外から見たところ。
110806-2-04.jpg

九條池側から。
110806-2-05.jpg

お庭の散策もできます。
110806-2-06.jpg

庭の四阿の丸窓。
この障子の張り方「石垣貼り」も拾翠亭の特徴。
110806-2-07.jpg

二階の小窓の丁子七宝。
110806-2-08.jpg

二階の窓から九條池を見下ろすと、池の魚がつく波紋がなんとも涼しげでいい感じでした。
110806-2-09.jpg


京都御苑
http://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

京都御苑・夏のトンボ池一般公開

夏のイベントで地味に楽しみなのが、京都御苑のトンボ池一般公開。
童心に返って自然観察ができるのがなんだかとても楽しいし、
生き物たちもかわいいんです。
カエルが苦手な女性の方は、この先ご覧にならない方がいいと思います)

110806-1-01.jpg

今回は、いつものような大人のモリアオガエルはいなくて、
オタマジャクシから陸に上がってカエルになったばかりの「子供のカエル」がたくさんいました。
この子はまだしっぽがあって色も黒っぽくて、オタマジャクシっぽさがのこってます。
110806-1-02.jpg

日が経つにつれ、こんな風にしっぽが小さくなっていくそうです。
110806-1-03.jpg

でも、まだしっぽが残っているおしりがなんか可愛い。(^_^)
110806-1-04.jpg

大きさも、大人のモリアオガエルと比べたらかなり小さいです。
110806-1-05.jpg

子供のカエルは、何にでも興味津々な目をしています。
まだまぶたがないのかな?
米粒ぐらいの大きさの、ごにょごにょ動いているカタツムリの赤ちゃんを、
カエルの子が葉っぱの影からじっと見つめていました。
狙っているのか、びびっているのか・・。笑
110806-1-06.jpg

上の写真のカタツムリの赤ちゃんより少し大きくなってるカタツムリの子供。
これでもまだまだすごく小さいです。
殻もからだも透明で、きらきらしてとてもきれいでした。
110806-1-07.jpg

この子は、まだ羽根が生えていないカマキリの赤ちゃん。
かわいそうに片方の後ろ足をすでになくしていましたが、
近寄ってくる人間を相手に、葉っぱを揺らし、釜をふりあげて、一生懸命威嚇していました。
110806-1-08.jpg

ちょうど、ヤブヤンマの産卵の観察もできました。
地面に降りて、羽根を振るわせながら、木材に生えた苔に卵を産み付けていました。
110806-1-09.jpg

蓮は数輪咲いていましたが、いい感じのつぼみも数輪あったので、明日あたりもっと咲いているかもしれません。
110806-1-10.jpg



京都御苑
http://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。