スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早春の鷹峯

(2016/03/12撮影)

常照寺
160312-1-01.jpg


160312-1-02.jpg


160312-1-03.jpg


160312-1-04.jpg


160312-1-05.jpg

光悦寺
160312-1-06.jpg


160312-1-07.jpg


160312-1-08.jpg

源光庵
160312-1-09.jpg


160312-1-10.jpg


これはどこにあるのかわかりますか?
160312-1-11.jpg

御土居の史跡もきれいに整備されましたね。
160312-1-12.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

しょうざんリゾート京都・春華の宴

(2015/03/20撮影)
アップするのが遅くなってしまいましたが、3月20日はしょうざんの「春華の宴」に行ってきました。

150320-1-01.jpg

「春華の宴」は、梅の咲く頃にあわせて毎年開催されている春のイベントで、お食事とお茶席と庭園入場料がセットになったお得なプランです。
150320-1-02.jpg

豪華なお食事をすませたあと、庭園を散策しました。
150320-1-03.jpg

このところ忙しくて花を観に行くこともほとんどなくなっていたので、久しぶりに季節を感じることができてよかったです。
150320-1-04.jpg


150320-1-05.jpg


庭園の奥の湧泉閣という建物の中にお茶席が用意してあります。
150320-1-06.jpg

舞妓さんのお点前と、少しお話しをしたりいっしょに写真を撮ったりできます。
150320-1-07.jpg


150320-1-08.jpg


しょうざんリゾート京都
http://www.shozan.co.jp/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

光悦寺の紅葉

(2013/11/23撮影)
土曜日は源光庵の後光悦寺にも行きました。
参道はちょうど見ごろ。
131123-2-1.jpg


131123-2-2.jpg

ここのもみじは手入れが良いので葉っぱがきれい。
131123-2-3.jpg

光悦垣の近くの紅葉は、早くから色づいていたので、もう終わりかけでした。
131123-2-4.jpg

光悦垣と紅葉を観るには、早めに来た方が良さそうですね。
131123-2-5.jpg

いろんな種類のもみじが観られるのもここの魅力。
131123-2-6.jpg


131123-2-7.jpg

展望お休み処(?)からの眺め。
131123-2-8.jpg

この時間は真逆光だったので鷹峯三山の紅葉が見えにくかったのですが、
日差しの角度の関係で、天ヶ峯だけ色とりどりの山の紅葉が観られました。
131123-2-9.jpg

散っても美しい葉。キズや虫食いがほとんどありません。
131123-2-10.jpg


131123-2-11.jpg

一葉だけ残った真っ赤な紅葉に偶然木漏れ日が当たって、
スポットライトを浴びたように光っていました。
131123-2-12.jpg


131123-2-13.jpg





京都観光Navi 光悦寺
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000059

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

源光庵の紅葉

(2013/11/23撮影)
源光庵の紅葉が見ごろでした。

131123-1-01.jpg


悟りの窓も迷いの窓も、窓の前のたたみが紅く染まっていました。
131123-1-02.jpg


131123-1-03.jpg

迷いの窓の横のガラス戸のすき間から見るお庭の紅葉も最近は人気のようですね。
131123-1-04.jpg

今日はたいへんな人でした。
でも、みなさん譲り合って鑑賞しているので、しばらく待っていると一番前で見られますよ。
131123-1-05.jpg

131123-1-06.jpg


小学校側の縁側の外の紅葉もすっかり色づいていました。
131123-1-08.jpg

お天気と紅葉のベストなタイミングに、みなさん嬉しそうでした。
131123-1-09.jpg


131123-1-10.jpg


131123-1-11.jpg

新しくなった門が、まだちょっと真新しすぎて浮いてますが、そううちに落ち着いてくるでしょう。w
131123-1-12.jpg

駐車場から見える側は真っ赤でした。
131123-1-13.jpg


京都観光Navi 源光庵
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000055

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

紅葉情報・2013/11/15の鷹峯

(2013/11/15撮影)
昨日の朝、まだ小雨が降る中、所用で光悦寺と源光庵に行ったので、紅葉の様子を見てきました。

光悦寺。
お庭は色づいている木が多く、もう見ごろと言ってもいいかもしれません。
131115-1-01.jpg

ですが参道は内側がまだ青葉です。
ここを目当てに行くならもう少し我慢。
131115-1-02.jpg


源光庵。
色づきはじめです。
131115-2-01.jpg

悟りの窓・迷いの窓は、これぐらい斜めから見ないと、窓の外に紅葉が見えません。w
こちらもまだ今週末は我慢した方が良さそうです。
131115-2-02.jpg

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

源光庵・うっすら雪景色

今日は鷹峯に行く用事があったので、源光庵に寄ってみました。

130118-1-01.jpg

すぐに消えてしまいそうな雪がうっすらと残っていました。
130118-1-02.jpg

裏のお庭もうっすら・・
130118-1-03.jpg

紅葉の枯れ葉がどこからか吹き込んできて、悟りの窓の前に落ちていました。
130118-1-04.jpg

今日は、こちらから前のお庭を眺めるのがきれいでした。
130118-1-05.jpg


130118-1-06.jpg



京都観光Navi:源光庵
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000055

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯の紅葉・しょうざんリゾート京都

(2012/11/10撮影)
源光庵から光悦寺・岩戸妙見宮・吟松寺・・とまわってしょうざんへ。

121110-4-01.jpg

吟松寺からしょうざんまでの道は、とくに観光用の散策路というわけではないですが、
とてもきれいな紅葉が見られるポイントがいくつもあります。
一般のご家庭なので写真を載せるわけにはいかないのですが、
川沿いに建てたお家のガレージを額縁に見立て、向こう岸の紅葉を通行人にも見せてくださっている、
とても素敵なお宅がありました。

これは↓杉木立の向こうの紅葉。
これも好きなんですよね~。
121110-4-02.jpg

これを撮ったときちょっと曇っていたのが残念なんですが、鷹峯の山の紅葉。
嵐山にも負けない山の錦です。
左大文字の裏側(北側)あたりになります。
121110-4-03.jpg

紙屋川沿いに下ってしょうざんへ。
7月の大雨で氾濫したのがこの少し下流なので、ここも何かがれきのようなものが川底に落ちていました。
121110-4-04.jpg

しょうざん敷地内を流れる紙屋川の紅葉。
ボーリング場の前あたり。
121110-4-05.jpg

つわぶきがちょうど花盛りでした。
121110-4-06.jpg

結婚式場の横からちょっと山道みたいなところを歩けるんですが、
ここも紅葉がきれいです。
対岸に見えるのは夏に渓涼床をやっっているところ。
121110-4-07.jpg

鷹峯にはランチが食べられるようなところがないので、
ここまで歩いてきてようやく昼食をとり、午後からはしょうざんの日本庭園内へ。
121110-4-08.jpg

庭園入り口付近の紅葉は真っ赤でした。
121110-4-09.jpg

まだ青い葉も多いですが、全体的にはそろそろ見頃。
121110-4-10.jpg

ここも手入れが良いので、とてもきれいなもみじの葉です。
121110-4-11.jpg

この紅葉が真っ赤になる頃もきれいでしょうね。
121110-4-12.jpg

ここに来るとよく見かける舞妓さん(?)。
たぶん体験舞妓の観光客さんでしょう。景色に花を添えてくれました。
121110-4-13.jpg

午後になり日が傾いて来る頃が、赤い紅葉がいちばんきれいに見えますね。
121110-4-14.jpg

水面に映った赤い紅葉と池の鯉が作ってくれた波紋。
121110-4-15.jpg

ワイルドな山の紅葉とは違い、きちんと整えられた庭園の紅葉。
どこから見てもすごくきれいで見応えがあります。
空いているので、下手な観光地へ行くより良いと思いますよ。
121110-4-16.jpg

結婚式用のオープンカー。
チャペルの前の洋風の紅葉の風景も素敵です。
このあと、たまたま宴会で来ていた着物姿の友だちに会って、思わぬ撮影会になりました。
さすが地元。笑
121110-4-17.jpg


しょうざんリゾート京都
http://www.shozan.co.jp/

テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

鷹峯の紅葉・吟松寺

(2012/11/10撮影)
光悦寺・妙見宮のあと、千束の坂を下りて吟松寺に向かいました。

121110-3-01.jpg

本当は光悦寺の庭から見たかった鷹峯の山の紅葉。
121110-3-02.jpg

ちょうどここを通るとき雲が晴れて日が射していたので、
色とりどりの紅葉がキラキラしていました。
121110-3-03.jpg

こちらももっと色づいてからが本格的なみごろかもしれませんが、
少し緑色が混じる、このぐらいの色づきでも充分きれいでしたよ。
121110-3-04.jpg

121110-3-05.jpg

このあたりや金閣寺龍安寺あたりでよく見かける地層。
その縞模様も庭の一部になっているんですね。
121110-3-06.jpg

121110-3-07.jpg

紅葉の向こうに杉林。
昔はこのあたりも北山杉が栽培されていたと思うんですけど・・・。
121110-3-08.jpg

こちらは観光社寺ではないと思うので、横の道からと門前で鑑賞させていただきました。
121110-3-09.jpg


テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

鷹峯の紅葉・光悦寺と岩戸妙見宮

(2012/11/10撮影)
源光庵の後、光悦寺へ。
なんとなく予感はしてたのですが、案の定、今週はお茶会のため一般の拝観はお断り中。
参道のみ門の前まで入らせてもらいました。

121110-2-01.jpg

参道の紅葉もまだまだ青葉が多いので、
一般の拝観ができるようになる来週末以降の方が見頃になりそうです。
121110-2-02.jpg

121110-2-03.jpg

こちらのもみじは、手入れが行き届いているためか、
キズの少ない美しい葉の紅葉が魅力です。
121110-2-04.jpg

光悦寺の向かい側、妙見さん(岩戸妙見宮)にも行ってみました。
ここは、子供の頃、地蔵盆のアトラクションに町内の子ども会で、
きもだめしに連れて来られた記憶があります。笑
大人になってからは、餅撒きの時に来るぐらいで、
紅葉の名所だとは気がつきませんでした。地元民なのに・・・。(^_^;)
隣の小学校が拡張工事をして裏の竹藪がグラウンドになったので、
ずいぶん明るく風通しの良い境内になっていました。
日当たりが良くなったせいか、源光庵よりよく色づいていて、
とてもきれいな紅葉が見られました。
121110-2-05.jpg

岩戸妙見宮は撮影禁止ですが、ここまで来たならぜひ立ち寄ってみるべき。
ほんっとに美しい紅葉です。
121110-2-06.jpg

京都観光Navi:光悦寺
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000059




それにしても、最近私が初めてカメラをぶらさげて行く先々で、
撮影禁止のところがよくあります。
行く前に公式サイトを検索していると、撮影禁止になる前に撮影した人のブログがみつかるのですが、
いつも同じブログ。ああ、やっぱり・・・という感じ。
つまり、誰のせいで撮影禁止になったのかがわかりますね。w

(上記の文章を無断でコピペしているブログがあります。
文章を改ざんしているうえに、引用元も記載されていないので著作権違反です。警告3回目)
.

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

源光庵の紅葉

まだ本格的な見頃には少し早いかもしれませんが、
源光庵の紅葉を観に行ってみました。

迷いの窓。
121110-1-01.jpg

悟りの窓。
121110-1-02.jpg

今日は、両方の窓から赤い紅葉を見るにはこの角度でした。
121110-1-03.jpg

小学校側の縁側。
121110-1-04.jpg

ここからの眺めもきれいです。
121110-1-05.jpg

お庭は色とりどり。
この日は曇ったり晴れたりでしたが、黄色やオレンジ色の紅葉は、
曇りでもお庭を明るく華やかに照らしているようでした。
121110-1-06.jpg

ほんのり床紅葉。
121110-1-07.jpg

今日はまだ空いていました。
121110-1-08.jpg

お庭の隅のつくばいの側に赤と黄色のセンリョウ。
121110-1-09.jpg

この日のお香は、松栄堂さんの堀川というお香だそうです。
121110-1-10.jpg

本堂前の大きなもみじは、日の当たる外側が赤くなり始めたところ。
121110-1-11.jpg

山門の前。すすきと真っ赤な紅葉。
121110-1-12.jpg


京都観光Navi:源光庵
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000055

テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

中川の北山杉と沢池

川端康成の小説「古都」の舞台、中川に行ってきました。

121020-1-01.jpg

台杉。
これって、庭木用にこういう形に仕立ててあるのかと思っていましたが、
根元から枝分かれしているような太く短い「台」の部分から垂直にまっすぐ杉が育ち、
その部分のみ伐採して磨き丸太用の材木にします。
台からはまた新しい芽が出てくるので、繰り返し収穫することができるという、
狭小の斜面でより多くの材木を生産するための技術なんだそうです。
121020-1-02.jpg

北山杉。
枝がきれいに落とされて、この美しい立ち姿こそ北山杉ですね。
121020-1-03.jpg

集落の家々の前に咲いている貴船菊(秋明菊)。
121020-1-04.jpg

すすきもちょうど見頃で、のんびり散策していると・・・
121020-1-05.jpg

突如轟音がして山の陰からヘリコプターが現れ、
ここからはスリル満点の散策になりました。
121020-1-06.jpg

大きな丸太をぶら下げたヘリが、何度も何度も頭上を低空で通ります。
ひ~~~、怖い~~~!
丸太が落ちてきそうでめちゃめちゃ怖かったですよ。笑
121020-1-07.jpg

7月の豪雨のため、散策路がかなり大きな被害を受けていました。
路肩が崩れ落ちて宙に浮いているガードレール。
121020-1-08.jpg

菩提の滝の滝壺まわりは、土砂崩れで階段が崩れ落ちていました。
少し離れたところから川沿いに歩いて行こうとしましたが、
流されてきた岩や木などでこれ以上近づけず、結局滝は見えませんでした。
121020-1-09.jpg

菩提の滝の女滝。
こちらは川に下りなくても散策路から見えます。
121020-1-10.jpg


少し歩くと大地震でもあったかのような波打ったアスファルト。
でもアスファルトが残っているだけまだマシで、その先はアスファルトが完全に剥がれていました。
この先通れるのかどうか不安でしたが、松茸泥棒警戒で巡回中のおまわりさんに道の様子を聞いて、
もう少し先の沢池まで行ってみることにしました。
121020-1-11.jpg

ハイキングのつもりではなかったので、お弁当も飲み物も持って来ていなくて、
のどカラカラの腹ぺこで坂を登っていきました。
121020-1-12.jpg

坂を登りきると、急にあたりが開けて池が見えてきました。
121020-1-13.jpg

子供の頃、遠足で来たことがある沢池。
こんな風景だったかどうかほとんど覚えていないのですが、
思ってた以上にきれいでした。
121020-1-14.jpg

中川の集落からちょっと散歩のつもりが、がっつり長距離を歩くことになり、
さらにかなりスリリングな道中でしたが、ここまで歩いてきた甲斐がある景色でした。
121020-1-15.jpg
*地図や現地の立て看板なでは「沢の池」になっていますが、
私は子供の頃から「沢池(さわいけ)」と呼んでいるので、あえてここでは沢池と表記させていただきました。

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

みそのばし中華のサカイの冷麺

葵祭の日、上賀茂神社に行く前に、御薗橋通りの中華のサカイに行きました。
サカイといえばこの「冷麺」。
私にとっては高校時代からのなじみの味です。
(別にこのあたりに高校があるわけではないですが・・・)
最近は、こういうゴマだれの冷やし中華はよく見かけるようになりましたが、
当時は珍しく、私はここでしか食べたことがありませんでした。
もちもちの麺と刻んだ焼豚とキュウリが、このゴマだれの味にとてもよく合うと思います。

120518-2-01.jpg


みそのばし 中華サカイ
http://www2.ocn.ne.jp/~m-sakai/



以前、新大宮商店街にある本店の方も記事にしています。
http://kyotofreebirds.blog109.fc2.com/blog-entry-653.html

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯・万湯葉のくみあげゆば

最近うちで流行っているワインのおつまみです。笑

赤ワインに湯葉って、一見合わなさそうですが、
この汲み上げ湯葉は、チーズのようにまったりしていて、
私は、赤ワインにも結構合うと思います。
コレステロール値も安心ですしね。(^_^;)
091217-1-01.jpg

パッケージにはわさびやしょうが醤油で…とかいてありますが、
私は、ゆずの皮を添えて、ポン酢で食べます。
091217-1-02.jpg

以前住んでいたところが近かったので、よくここで汲み上げ湯葉を買っていて、
今でも何かのついでによく買って帰ります。
なので、私はここのしか食べたことがないのですが、
他の有名どころの湯葉屋さんのでもいいかもしれませんが…。
091217-1-03.jpg

万湯葉
http://www.manyuba.co.jp/


小売りもしてもらえるというだけで、小売店ではないようなので、
あくまで、地元の人向けの情報ということで…。

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯・しょうざんの紅葉

(11月15日の写真です)
吟松寺のあと、食事もかねてしょうざんに行きました。
091115-4-01.jpg

しょうざんの庭園の紅葉
091115-4-02.jpg

この日は、ほとんどの時間、曇りだったのですが、
しょうざんのお庭に入ったら、日が差す時間が多くなってきました。
091115-4-03.jpg

まだ青い葉もあり、もう少し見頃が続きそうです。
091115-4-04.jpg

この山は、左大文字になるのでしょうか?
091115-4-05.jpg

ここは、お寺でも何でもなく、
ボウリング場やプールや結婚式場などがある商業施設なんですが、
観光シーズンは、ほかのメジャーな観光地より空いていていいかもしれません。
091115-4-06.jpg

この日は、庭園内の会場できものの展示会が開催されていたようで、
お庭を散策する和服姿の展示会のお客さんが、紅葉の庭に花を添えてくださってました。
091115-4-07.jpg


しょうざん
http://www.shozan.co.jp/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯・吟松寺の紅葉

(11月15日の写真です)
光悦寺のあと、光悦荘の前から千束の坂を降りて、
しょうざん方面に行く途中にある吟松寺紅葉を見ました。

091115-3-01.jpg

ここは、数年前までは、地元の人間しか知らない隠れた紅葉スポットだったのですが、
最近は他府県からも見に来られるほど有名になったようですね。
091115-3-02.jpg

たしか観光寺院ではなかったと思うので、
苔むしたブロック塀(笑)越しに、前庭の紅葉を鑑賞させていただくだけにしました。

091115-3-03.jpg

この日は、なにやらちょんまげ姿の男性が、観光客(?)のご接待をされていたようです。???
なんだかよくわからなかいので、拝観せずに次の紅葉スポットへ。
091115-3-04.jpg

子どもの頃よく遊びに来た紙屋川沿いの紅葉も見頃です。
091115-3-05.jpg

杉の林の向こうにも鮮やかな紅葉
091115-3-06.jpg

北山杉と、手前は台杉でしょうか?その間に紅葉がきれいに色づいています。
091115-3-07.jpg

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯・光悦寺の紅葉

(11月15日の写真です)
源光庵の次に、お向かいの光悦寺に行きました。

091115-2-01.jpg

石畳の参道は、錦の紅葉のトンネルです。
091115-2-02.jpg

091115-2-03.jpg

苔の上にも、散りたての真っ赤なもみじ。
091115-2-04.jpg

光悦垣と紅葉
この日は曇りでしたが、ときどき、ほんとにときどきですが、
雲の切れ間から日が差してくれました。
091115-2-05.jpg

よく手入れされたお庭なので、とても美しい紅葉の葉です。
091115-2-06.jpg

とても豪華な大輪のサザンカ。
091115-2-07.jpg

つくばいに落ちた葉。
091115-2-08.jpg

ここのお庭には、いろいろな種類のカエデがあります。
これは、黄色い葉の真ん中を丸く残して葉先から赤くなっていくようですが、
葉っぱの真ん中に黄色い丸があって、とっても可愛いです。
091115-2-09.jpg

ちょうど、全くの逆光でうまく撮れなかったのですが、
鷹峯三山の紅葉もきれいでした。
091115-2-10.jpg


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯・源光庵の紅葉

(11月15日の写真です)
日曜日は、鷹峯の紅葉を見に行きました。
まずは、源光庵紅葉から…。

091115-1-01.jpg

迷いの窓。
091115-1-02.jpg

悟りの窓。
091115-1-03.jpg

二つの窓の向こうに赤い紅葉を望むなら、
真正面より、少し左サイドから見るのがおすすめです。
091115-1-04.jpg

入り口からまっすぐ奥へ入ったお部屋の縁側から眺めるお庭もきれいです。
091115-1-05.jpg

センリョウ?
091115-1-06.jpg

山門の前のすすきは、もうすっかりふわふわの綿毛になっていて、
赤い紅葉を背景に綿毛をきらきらと輝かせていました。
091115-1-07.jpg

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

光悦寺・紅葉ピーク

実家に帰ったついでに光悦寺に行ってきました。
街中では晴れていたのに、ここまであがってくると急に曇りだし、
ときどき小雨がぱらついたり木枯らしが吹いたりして、
鷹峯はやっぱり寒かったです。(^^;)

081118-1-01.jpg

先日はまだ青葉も多かったのですが、今日はこの石畳の通路もきれいに色づいていました。
081118-1-02.jpg

081118-1-03.jpg

お庭のカエデは手入れがいいのかきれいな葉っぱでした。
081118-1-04.jpg

光悦垣の紅葉も見頃です。
081118-1-05.jpg

八重咲きの大きな花のサザンカ。
081118-1-06.jpg

鷹峯三山を望む休憩所の前のカエデ。
ちょうど黄色からオレンジ色へ変わるところで、こんな天気でも輝くようにきれいな色でした。
081118-1-07.jpg

鷹峯三山(鷹峯,鷲峯,天峯)のうちの鷹峯。
081118-1-08.jpg

今日の木枯らしで、少し散り始めていました。
081118-1-09.jpg

こんな可愛い色のカエデもありました。
七五三の着物の柄みたいですね。(^^)
081118-1-10.jpg

暖かい日が続きましたが、イイ感じに冷えてきましたね。
この週末の連休には見頃のところも多くなるのではないでしょうか。(^^)
081118-1-11.jpg


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

源光庵の紅葉情報

鷹峯まで、紅葉の様子を見に行ってみました。

081113-1-01.jpg

源光庵の駐車場や、門の前のカエデはだいぶ赤くなってきました。
081113-1-02.jpg

ススキもまだまだきれいです。
081113-1-03.jpg

今日もいいお天気でした。
081113-1-04.jpg

靴を脱ぐところの前に、季節の花や木の鉢がさりげなく置いてあります。
これは小さな柿?
081113-1-05.jpg

平日ですが、観光シーズンまっただ中なので、
観光バスの団体さんやタクシー観光のグループの方も多かったです。
悟りの窓・迷いの窓の前の団体さんが移動するのを待つ間、
隣の建物の縁側からお庭を眺めてひとやすみ。
081113-1-06.jpg

紅葉は、まだもう一息という感じで、この悟りの窓・迷いの窓を正面から見ると、
向こうに見えるのはほとんど青葉です。(一番上の写真)
ですが、この角度で見ると、少し色づいたカエデも見られます。
081113-1-07.jpg

今日の時点での、紅葉のベストビューポイントは、
本堂の西側の縁側のこの景色でした。
駐車場の向こうに見える真っ赤な紅葉と、
目の前の色づき始めたカエデまでのグラデーションが美しいです。
駐車場の向こうって・・材木屋さんのお庭かな?それともその向こうの小学校の紅葉かな?
081113-1-08.jpg

今日は鷹峯の他のお寺もまわろうと思ったのですが、
諸事情のため、源光庵でのんびりさせていただきました。
081113-1-09.jpg

諸事情。
調べてから行けば良かったのですが、
光悦寺は、本日はお茶会のため拝観できませんでした。(^_^;)
私は近いからまたいつでも行けますが、
遠くからいらしてる観光客の方がとても残念そうでお気の毒でした。
081113-1-10.jpg



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯・紅葉

所用のついでに鷹峯を散策。
歩き出したら、小雨が降ってきました。
この時期、このあたりではよくある「しぐれ」。

光悦寺の入り口の紅葉のトンネルは、
まだ真っ赤ではではないけど、こんな可愛い色合いでした。
071121-1-01.jpg


源光庵の駐車場。
丸窓、角窓からの眺めはそろそろ見頃かなぁ。
天気のいい日に来てみよう。
071121-1-02.jpg


しょうざんの庭園。
あれ?普段は有料の所が、なんだかタダで入れてしまいましたが???
そしてなぜか舞妓はん。
観光客の舞妓姿かな?
071121-1-03.jpg

庭園の紅葉
071121-1-04.jpg

071121-1-05.jpg

チャペル付近の紙屋川沿いの紅葉
071121-1-06.jpg


この山は、左大文字の山になるかな?
朝鮮初級学校付近からの眺めが一番きれいでした。
071121-1-07.jpg



しょうざん
http://www.shozan.co.jp/

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯散策・しょうざん渓涼床

常照寺、源光庵、光悦寺と、東から順に回って、
「千束の坂」を下り、しょうざんへ。
070923-4-01.jpg


9月いっぱいまでやっていた「床」で昼食。
ここは、貴船ほど高すぎず、鴨川ほどカジュアル化せず、
気心の知れた友人との食事にちょうどいい感じ。
070923-4-02.jpg


見た目にも秋らしいお料理。
070923-4-03.jpg


裏ワザ情報:
しょうざんの駐車場の南の端から出て(車は通れないが人は通れる)、
急な坂道を登って鷹峯街道に出ると、ちょうど北木ノ畑町のバス停に出られます。


しょうざん
http://www.shozan.co.jp/

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯散策・光悦寺

ここも、子供の頃によく遊ばせてもらったお寺。

070923-3-01.jpg


ここを通って「○○ちゃん、遊ぼ」って…。(笑)
070923-3-02.jpg


光悦垣。
070923-3-03.jpg


色づき始めた紅葉。
070923-3-04.jpg


誰だかわからないけど外国人の方のお名前が刻まれた石碑。
わりと新しいものらしい。
070923-3-05.jpg


紅葉のシーズンが待ち遠しい。
070923-3-07.jpg



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯散策・源光庵

すすきの穂が美しい山門。

070923-2-01.jpg


悟りの窓。
070923-2-02.jpg


迷いの窓。
070923-2-03.jpg


この窓の前に座って、静かに時を過ごせるのは、
観光客の少ない時期だけ。
ここへは、できるだけ空いてそうな日に行かれるのがオススメ!
070923-2-04.jpg


血天井。
伏見桃山城の床板だったものを、この丸窓・角窓がある本堂の天井に移築したもの。
鳥居彦右衛門ら自刃したときの血の跡らしい。
はっきりした足形がついているけど、幅の細い華奢な足跡だった。
070923-2-05.jpg


丸窓・角窓の隣のお部屋からの眺めも美しい。
070923-2-06.jpg



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

鷹峯散策・常照寺

実は私はこのあたりの出身。
なので、このへんのお寺のお嬢さんと同級生だったりします。
身近な場所すぎて、なんともコメントのしようがないので、
写真だけサクっとご紹介します。(^^;)

吉野太夫が寄進した朱塗りの門。
070923-1-01.jpg


帯塚。
070923-1-02.jpg


茶室の丸窓。吉野太夫が好んだといわれ「吉野窓」と呼ばれている。
070923-1-03.jpg


吉野太夫の墓。
070923-1-04.jpg


意外に広い境内には、こんな林もある。
070923-1-05.jpg



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

山の家はせがわ

先日、氷室に行ったときにみつけた山小屋風のお店。
帰ってからネットで調べたら、美味しいと評判の洋食屋さんが出してるお店だと判明。
なので、今日は友達と車でランチを食べに行った。
070823_1_02.jpg


下界とは5度違うらしいとのことで、
たしかにクーラー無しでテラスで食事できるぐらいだから涼しかった。
070823_1_05.jpg


スープは、新鮮なトウモロコシの荒くつぶしたものが漉さずにそのまま入ってて
食感が楽しくて、甘すぎず濃すぎずおいしかった。
070823_1_03.jpg


今回は、ノーマルのハンバーグを食べてみた。
ジューシーでやわらかくて、とってもおいしい。
洋食屋さんのハンバーグらしい、どこか懐かしい感じがするお味。
070823_1_04.jpg


バーベキューや鍋もできるらしいので、
今度は大勢で来てみようかな。
町からほんの10~15分で、こんな雰囲気を味わえるのはうれしい。(^_^)



山の家はせがわ
http://www.geocities.jp/yamanoie_hasegawa/index.html

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

氷室

先日途中で断念した氷室へ。
メタボ仲間の某Mやんにつきあってもらって再挑戦。

京見峠から少し先、氷室へ続く山道に入り、
ひと山超える感じに登って降りる。
070819a01.jpg


北山杉と緑の稲穂が美しいのどかな風景の氷室の里に出た。
070819a02.jpg


集落の小径を少し歩くと氷室神社。
070819a03.jpg


氷室神社のお社は暗くて不気味。
070819a08.jpg


氷室神社から参道を戻って元の道路へ。
070819a09.jpg


その昔、御所に献上する氷を、
夏まで貯蔵したと言われる氷室の跡。
070819a04.jpg


帰り道を尋ねた地元の農家の人のご好意で、
一般道ではない近道を通らせてくださった。
070819a05.jpg


「網は、扉のように開くところがあるから、
 そこのひもをほどいて通ってくれたらええよ。」と…。
070819a10.jpg


「…ほんで、電柵には気をつけてな。」
「デンサク?」
「ああ、いのしし除けの、電線の柵やねん。
 触らんようにまたいだら大丈夫や。」
070819a11.jpg


電線…触ったらきっとビリっとするんだろうな。
いのししを撃退するぐらいだから威力は相当なもんだろうな。
またげる高さではあるけど、緊張した~~~。笑
プリズン・ブレイクな気分だった。
070819a06.jpg


網やイノシシ除けを乗り越えて歩いた道は、
たんぼのあぜ道だったり、山の作業道だったり、
ちょっとした冒険気分で、なかなか面白かった。
070819a12.jpg


無事に近道を通り抜けて本道に戻り、
峠の茶家でお弁当を食べていたら、さっきの農家の人とまた会った。
もぎたてのトマトをくださった。
この気温でぬるかったけど、それでもとてもおいしかった~~。(^_^)
いろいろありがとうございました。m(_ _)m
070819a07.jpg

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京見峠

早起きして早朝ウォーク。
ここからスタート。あさ7時頃。
070817a01.jpg


然林房の角を曲がって山道に入る。
070817a06.jpg


朝の木漏れ日。
070817a04.jpg


だいぶ登ってきた。
070817a05.jpg


第1ヘアピン。
070817b01.jpg


第2ヘアピン。
070817b02.jpg


第3ヘアピン。
070817b03.jpg


第4ヘアピン。
070817b04.jpg


S字。
070817b05.jpg


シケイン。
070817b06.jpg


130R。
070817b07.jpg

ウソです。カーブにそんな名前はついていません。(笑)
でも昔そう言いながら車やバイクで走ったような…。(^^;)

っで、ここは第4ヘアピンの夜景ポイント。
車が2,3台なら停められるようになっていて、
車に乗ったまま夜景が見られるので、
有名なデートスポットでもあった。
ところが!
ごらんのとおり、木が育ちすぎて夜景どころか、
景色も何にも見えませ~~~ん。
070817c01.jpg


ここからの眺めはこんな感じ。見えないって。(笑)
070817c02.jpg


もう少し登ると京見峠。
峠の茶店があるが、休日だけの営業らしい。
この日はお盆休み期間中なので営業日だけど、
まだ朝早いので準備中だった。
070817c03.jpg


茶店の前あたりからの眺め。
たぶんここも木や草が茂りすぎてて、景色はみえにくいみたい。
070817c04.jpg


本当はこの氷室という涼しそうな名前のところまでいきたかったけど、
そろそろ帰らないとだんだん暑くなってきたので、ここで引き返す。
…っていうか、ひとりだったので「熊出没注意」という看板や、
携帯がずっと圏外になってることで、
だんだん心細くなってきたので、怖じ気づいた。くそっ!
次回、メタボ仲間を連れてリベンジだ!
070817c05.jpg




然林房
http://www.nenrinbo.com/


京見峠茶家
http://www.baumkuchen.net/~ue/kyomi/

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。