スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大原・来迎院の雪景色

(2014/01/11撮影)
土曜は大原に行って来ました。
今回は、まだ行ったことがなかった来迎院へ。

140111-1-01.jpg


140111-1-02.jpg

本堂のまわりは、まだたくさん雪が残っていました。
140111-1-03.jpg


140111-1-04.jpg


140111-1-05.jpg


140111-1-06.jpg

今回は、この不思議な雪だるまというか雪ねこ(?)が居たお店で昼食をとって、午後には下界に戻りました。
140111-1-07.jpg


京都観光Navi:来迎院(左京区)
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000232
スポンサーサイト

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

ほんのり雪化粧の大原・実光院

三千院のあと、実光院にも寄りました。

131229-2-01.jpg

差し込む日差しが、ガラス戸の桟と庭の木の枝で、おもしろい影を作っていました。
131229-2-02.jpg

131229-2-03.jpg

お抹茶をいただいてからお庭に出てみると、
不断桜がまだまだ見頃で、たくさんの花をつけていました。
131229-2-04.jpg

桜と椿。
131229-2-05.jpg

不断桜の前に置いてある小さなテーブルに積もった雪に「桜」と書いてあって、
それが溶けてずり落ちそうになってました。
それがなんともいえず面白いお庭のアクセントになっていました。
131229-2-06.jpg

ツクバネの実が、羽根突きの羽根のように空を舞っているよう。
131229-2-07.jpg

鯉は池の中の日当たりのいいところに集まってじっとしていました。
131229-2-08.jpg

木蓮かな?春を待っています。
131229-2-09.jpg

ひとつだけ残った柿の実。この枝振りと背景の青空でなんだかとても絵になっていました。
131229-2-10.jpg

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

ほんのり雪化粧の大原・三千院

友達の新しいカメラの試し撮りに同行して大原に行ってみました。

131229-1-01.jpg

迎春準備。
131229-1-02.jpg


131229-1-03.jpg

前日の雪が残っていてほんのり雪化粧。
131229-1-04.jpg

手水鉢の側面にはつららも。
131229-1-05.jpg

苔の上には、粉砂糖を振ったような雪。
131229-1-06.jpg

木の枝に凍り付いた雪が日差しにキラキラと反射して、とてもきれいでした。
131229-1-07.jpg

天気が良くて雪は降っていなかったのですが、気温はかなり低くて池の一部が凍っていました。
131229-1-08.jpg


131229-1-09.jpg

植物たちも迎春準備。
131229-1-10.jpg

131229-1-11.jpg

少しずつ雪が溶けてきて、傾いてしまった雪だるま。でも落ちそうで落ちない。
131229-1-12.jpg

ときどき木の上からバラバラと溶けかけた雪が落ちてきます。
まるで滝に打たれているように、合掌してじっと耐えているように見えるお地蔵さん。
131229-1-13.jpg


三千院
http://www.sanzenin.or.jp/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

八瀬の彼岸花

(2013/09/20撮影)
叡電の八瀬比叡山口駅から叡山ケーブルの八瀬駅へ行く途中の橋が、
先日の台風のせいか、それとは無関係なリニューアル工事かなにかのためか、
理由はわからないけど通行止めになっていました。
それで、しかたなく橋を迂回する道を歩いていたらところどころに彼岸花が咲いているのをみつけました。

130920-2-01.jpg


130920-2-02.jpg


130920-2-03.jpg

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

宝泉院・春の夜灯り

(2013/05/06撮影)
夕暮れまで大原を散策していたわけは、これを観るためでした。
「宝泉院・春の夜灯り」。

130506-5-01.jpg

ろうそくの灯りがゆれる客殿に座って、暗くなるのを静かに待ちます。
聞こえてくるのは水琴窟の音とカエルの声。


西の山がいい色になってきました。
130506-5-02.jpg

美しい額縁庭園。
130506-5-03.jpg

ほんのり照らすライティングが良いですね。
130506-5-04.jpg


130506-5-05.jpg

五葉の松側の空もいい色になってきました。
130506-5-06.jpg

まわりの暗さによってライティングも徐々に変化させてるようですね。
五葉の松の幹を照らすライトが点きました。
130506-5-07.jpg

すっかり暗くなってGW最終日の夜も更けました。
130506-5-08.jpg


宝泉院
http://www.hosenin.net/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

夕暮れの大原

(2013/05/06撮影)
閉門時間ちかくに三千院を出てから、夕暮れの大原を少し散策しました。

130506-4-01.jpg


130506-4-02.jpg

三千院の前のお店もそろそろ閉店。
130506-4-03.jpg

三千院の山門前には、よく見ると葉の形が違うカエデがいろいろ植えられています。
130506-4-04.jpg


130506-4-05.jpg

白壁に夕日が射して・・。
130506-4-06.jpg

実光院の塀。
130506-4-07.jpg

宝泉院あたり。
130506-4-08.jpg

日が落ちると、大原は急に寒くなりました。
130506-4-09.jpg

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

三千院・新緑の季節

(2013/05/06撮影)
八瀬から大原に向かい、まずは三千院へ。

130506-3-01.jpg

今は石楠花がお庭の彩り。
130506-3-02.jpg

つつじ?さつき?
130506-3-03.jpg

午後の日差しを受けて、新緑が鮮やかでした。
130506-3-04.jpg


130506-3-05.jpg

遠目にはきれいな石楠花でしたが、近づいてみるとそろそろ終わりかけのようでした。
130506-3-06.jpg

朱の門と青もみじ。
130506-3-07.jpg

わらべじぞう。
130506-3-07a.jpg

合奏している手の部分にちょうど木漏れ日が射していました。
130506-3-08.jpg

新緑が映る池に真っ赤な椿。
130506-3-09.jpg

牡丹は咲き始めでした。
130506-3-10.jpg

これは、大手まりでしょうか?
130506-3-11.jpg

やまぶきはちょうど見ごろ。八重桜もまだ一部残っていました。
130506-3-12.jpg


三千院
http://www.sanzenin.or.jp/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑠璃光院の青もみじ

(2013/05/06撮影)
春の特別拝観が始まってすぐの頃は馬酔木が満開だった瑠璃光院ですが、
今回は青もみじを観に行きました。

130506-1-01.jpg

馬酔木の若葉。
130506-1-02.jpg

美しい青もみじ。
130506-1-03.jpg

池に映った新緑もきれい。
130506-1-04.jpg

書院の二階。
130506-1-05.jpg


130506-1-06.jpg

書院一階のお抹茶席。
130506-1-07.jpg


130506-1-08.jpg

お抹茶席から眺める瑠璃の庭。
130506-1-09.jpg

臥龍の庭へと降りる階段の踊り場の眺め。
130506-1-10.jpg

臥龍の庭には、瑠璃色のしっぽに茶色の羽根のちいさくてきれいなトンボがたくさんいました。
130506-1-11.jpg

青もみじの時期の瑠璃光院もそれなりに人は多いですが、
紅葉時期のように一時に集中するわけではないので、比較的ゆったり静かに鑑賞できますよ。
130506-1-12.jpg


瑠璃光院
http://rurikoin.komyoji.com/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

八瀬・初夏へ

(2013/05/06撮影)
GW中の八瀬は、川でバーベキューをする人や比叡山に登る人達で賑わっていました。

130506-2-01.jpg

川遊びをする子供達も・・。
130506-2-02.jpg

山藤があちこちでたくさん咲いていました。
130506-2-03.jpg

見ごろの山吹。
130506-2-04.jpg

シャガも見ごろ。
130506-2-05.jpg

木の上の高いところの葉がきれいだったので撮って来たら、
帰ってからパソコンで表示してみてびっくり!
かたつむりがいました。
(クリックで拡大します)
130506-2-06.jpg

池のまわりの青もみじがきれいです。
130506-2-07.jpg

池ではつがいの鴨が・・・シンクロ?
130506-2-08.jpg

木陰では椿がまだきれいに咲いています。
130506-2-09.jpg

叡電八瀬比叡山口駅からケーブル八瀬駅へと続く道は青もみじのトンネル。
130506-2-10.jpg

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑠璃光院の馬酔木

青もみじや紅葉の頃に、馬酔木がたくさんあるのを見ていて、
いつか馬酔木が咲いている頃に行ってみたいと思っていました。

日当たりによって花が少ない木もあるようですが、
思った通りお庭のあちこちで咲いていて、もみじの時期とはまた違った趣の瑠璃光院が観られました。
以下(1)~(8)は、もみじの頃にもお馴染みのアングルですがどこだかわりますか?

(1)
130320-1-01.jpg

(2)
130320-1-04.jpg

(3)
130320-1-05.jpg

(4)
130320-1-06.jpg

(5)
130320-1-07.jpg

(6)
130320-1-08.jpg

(7)
130320-1-09.jpg

(8)
130320-1-10.jpg

二階の窓からは、今は梅が楽しめます。
130320-1-02.jpg

遅咲きの梅でしょうか?まだつぼみが残りこれからが見頃という感じでした。
130320-1-03.jpg


もみじはまだこんな感じですが、また新緑の頃が楽しみです。
130320-1-11.jpg


瑠璃光院
http://rurikoin.komyoji.com/

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

冬の大原散策・宝泉院から寂光院

(2013/01/03撮影)
実光院の次に宝泉院へ行くつもりが・・・
130103-3-01.jpg

あらら残念。
この後の予定もあるので今回は断念して寂光院方面へ。
130103-3-02.jpg

せっかくなので、ここからは表参道を通らず実光院と寂光院の間の細い道を散策しながら寂光院の方へ行ってみることにしました。
130103-3-03.jpg

新しい前掛けに替えたばかりなのか、
鮮やかな赤が、背景の枯れた畑の色に映えますね。
130103-3-04.jpg

何かの実がはじけた後だとおもうのですが、
何の植物でしょう?この姿もまた花のようです。
130103-3-05.jpg

ず~っと雪が舞っているのですが、写真には写らない程度の降り方だったのが、
この時間から少したくさん降るようになってきました。
130103-3-06.jpg

寂光院に到着。
130103-3-07.jpg

このあたりの温泉旅館は、お正月の泊まり客で賑わっているようです。
寂光院を訪れる人もわりと多かったみたいです。
130103-3-08.jpg

暖かい本堂の中で説明を聞いたりゆっくりさせていただきました。
130103-3-09.jpg

こちらのお庭は、ものすごくきれいにされてました。
130103-3-10.jpg

葉の落ちた木にさりげなくこんな枝がひっかけてあったりして、
殺風景な冬枯れの木がぱっと華やかになっていました。
130103-3-11.jpg

手水鉢に椿が一輪。
130103-3-12.jpg

大原の締めくくりは温泉と鍋料理。
雪がちらつく露天風呂に入って・・・
130103-3-14.jpg

地鶏のすき焼きを食べて帰りました。
130103-3-13.jpg


寂光院
http://www.jakkoin.jp/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

冬の大原散策・実光院

(2013/01/03撮影)
今日の大原方面は雪が積もったらしいですが、一昨日の雪がない状態の実光院の冬の景色です。


手水鉢に水を注ぐ懸樋の中が全部凍っていました!
流れる水でさえ凍ってしまう大原の冬。
130103-2-01.jpg

去年の夏にこのあたりを訪れたときには、ちょうど改装工事中で拝観できなかったで、
今回は楽しみにしていました。まずは客殿の真新しい畳の上でお茶を一服。
130103-2-02.jpg

契心園の池は凍っていませんが・・
130103-2-03.jpg

不断桜のある西側の庭の池には一部氷が張っていました。
130103-2-04.jpg

庭に置いてあった背の高い手水鉢の中では、紅葉の枯れ葉が分厚い氷に閉じ込められていました。
130103-2-05.jpg

不断桜はたくさんの花をつけていました。
130103-2-06.jpg

ツクバネ。
羽根突きの羽根みたいなのでお正月らしいですね。
130103-2-07.jpg

大原はまだまだこれからが厳しい冬でしょうけど、
モクレンかコブシのつぼみはもう春の準備。
130103-2-08.jpg

馬酔木ののつぼみも赤くふくらみはじめています。
130103-2-09.jpg

バイカオウレンかな?一輪だけさいていました。
130103-2-10.jpg



130103-2-11.jpg


実光院(Facebook)
https://www.facebook.com/jikkoin

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

冬の大原散策・三千院

正月3日は大原に日帰り温泉に行きました。
食事の予約時間まで、雪のちらつくキーンと冷え切った大原の冬を散策してきました。
まずは三千院から・・。

池の底の散り紅葉が氷に閉じ込められていました。
130103-1-01.jpg

冷たい池で鯉もじっとしています。
130103-1-02.jpg

冬枯れの庭。
130103-1-03.jpg

苔もところどころ色が変わっていますが、わらべ地蔵はいつもの笑顔。
130103-1-04.jpg

130103-1-05.jpg

今日は甘酒の接待がありました。
130103-1-06.jpg

あちこちのつくばいも滴が凍ってました。
130103-1-07.jpg

入り口の御殿門には門松と注連縄でお正月の設え。
130103-1-08.jpg

お昼は、門前のお店「京美茶屋」さんであんかけ湯葉うどんを食べました。
湯葉がクリーミーですごく美味しかったです。
130103-1-09.jpg


三千院
http://www.sanzenin.or.jp/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

八瀬の穴場ランチ・鯖寿司 縹

瑠璃光院に行った後、八瀬を少し散策しました。
池のまわりも少し色づきはじめ。
121027-2-01.jpg

121027-2-02.jpg

虫食いなのかなんなのか、黄色く色づいた葉に緑の水玉模様がきれいですね。
121027-2-03.jpg

この日のランチは以前から前を通る度に気になっていたお店へ。
121027-2-04.jpg

こちらの鯖寿司は、鯖の身を背と腹に分けて細く巻かれた一口サイズの鯖寿司。
121027-2-05.jpg

落ち着いたお座敷で、鯖寿司にだし巻きやお吸い物が付いたセットがいただけます。
このサイズがとっても食べやすくて美味しかったですよ。
121027-2-06.jpg

鯖寿司専門店 縹(はなだ)
http://www.yase-hanada.com/


瑠璃光院では、おばさんのグループがワイワイうるさくて、
お茶をいただいている横で記念撮影を始められたりして閉口していたのですが、
こちらでは静かに過ごせてよかったです。

さて、昼食をとったあとは、ケーブル&ロープウエイで比叡山へ。
121027-2-07.jpg

山の上に登るにつれ色づきが増していきます。
121027-2-08.jpg

下界よりは早く色づいてますが、
それでもやはりケーブル沿いの紅葉の見頃は11月下旬だそうです。
121027-2-09.jpg


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑠璃光院・色づきはじめ

見頃はまだまだ先なんですが、空いているうちに…と、秋の特別公開に行ってきました。

121027-1-01.jpg

瑠璃の庭のもみじが一部色づきはじめていました。
そこに一筋の光。
日当たりの良いところから色づくのでしょうか。
121027-1-02.jpg

全体にはまだこんな感じ。
121027-1-03.jpg

一階のお茶席から観る瑠璃の庭は、まだ緑一色でした。
121027-1-04.jpg

一階の畳に写る木漏れ日は、さっきの赤く色づいたもみじの葉の影でしょうか。
121027-1-05.jpg

臥龍の庭もまだ緑ですが、
小さな木に真っ赤なもみじの葉が付いていました。
121027-1-06.jpg

その真っ赤なもみじ。
121027-1-07.jpg

参道の紅葉も色づくのはまだこれから。
ですが、新緑とは違う秋らしい落ち着いた色合いの緑でした。
121027-1-08.jpg


瑠璃光院
http://rurikoin.komyoji.com/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

勝林院・美男の阿弥陀如来像

(2012/07/08撮影)
三千院、宝泉院、と巡って、最後に勝林院にも立ち寄りました。

120708-4-01.jpg

美しい緑に囲まれた欅の本堂。
120708-4-02.jpg

柱の上の木彫りの花。
外から見えないところにこんな華やかな装飾があるんですね。
120708-4-03.jpg

本堂入り口上部の欄間。
見事な彫刻で、これは松に鳥がたくさん描かれていますが・・・
120708-4-04.jpg

その欄間を内側から観ると
松の木のシルエットしか見えません。たくさんの装飾を施しても、
ちゃんと堂内に光が入るように緻密に計算されたデザインなのでしょうか・・。
120708-4-05.jpg

拝観入り口で教えていただいたイケメンの阿弥陀様。
本堂の中には、阿弥陀像の向かって右側に椅子が置かれていて、
美男の阿弥陀様はここから観るように案内があります。
その位置から見たお顔が↓この写真。
120708-4-06.jpg

ちなみに反対側から観てみると・・・、
なるほど少し印象がちがいます。
右側のお顔がシュッとしているのに対して、
こちら側からは少しほほえんでいらっしゃるような、ふっくら癒し系のお顔ですね。
↓こんな感じ。
120708-4-07.jpg

木漏れ日が心地よい前庭。
120708-4-08.jpg

こちらは日曜日でもそんなに混雑していないのでのんびりできました。
120708-4-09.jpg


京都観光Navi:勝林院
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000120

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

宝泉院・夏の額縁庭園

(2012/07/08撮影)
三千院の後、午後からは今まで行ったことがなかった三千院よりももっと先の方まで行ってみました。
そこにはまたいくつかのお寺が点在していて、今回はそのうちのひとつ宝泉院に行ってみました。

120708-3-01.jpg

門をくぐってまず目に入るのが立派な五葉の松。
近江富士を象っているそうです。
120708-3-02.jpg

前庭では桔梗が咲き始めていました。
120708-3-03.jpg

池に散った沙羅双樹の花に誘われてその先へと進んでいくと・・
120708-3-04.jpg

時期が少し早かったのか遅かったのか、2,3輪だけ咲いていました。
120708-3-05.jpg

庭の苔の上に落ちた沙羅双樹の花。
120708-3-06.jpg

鶴亀庭園。
120708-3-07.jpg

竹と、その向こうの大原の山並みが美しい額縁庭園。
この庭の名前は、立ち去りがたいと言う意味の「盤桓(ばんかん)」園というそうです。
120708-3-09.jpg

こちらはさっきの五葉の松ですが、客殿からは力強い幹の様子が鑑賞できます。
120708-3-08.jpg

この立ち去りがたい景色を眺めつつお茶をいただけます。
お菓子のお皿に三日月状に写る額縁庭園も演出でしょうか・・・。
120708-3-10.jpg

門を入って南側、建物と逆の方には宝楽園という庭もあります。
120708-3-11.jpg


宝泉院
http://www.hosenin.net/

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

三千院・わらべ地蔵とあじさい祭

(2012/07/08撮影)
久しぶりの大原散策、まずは三千院から。
120708-2-01.jpg

客殿から見える庭。聚碧園。
120708-2-02.jpg

宸殿から外に出て有清園へ。広々とした苔の庭の緑がとても美しいです。
120708-2-03.jpg

池にはきれいな色の鯉がたくさん泳いでいました。
120708-2-05.jpg

往生極楽院。
120708-2-04.jpg

わらべ地蔵。
120708-2-06.jpg

120708-2-07.jpg

120708-2-08.jpg

池の畔にも苔むしたわらべ地蔵が・・・。
120708-2-09.jpg

朱雀門と青もみじ。
120708-2-10.jpg

大原では、市街地より少しだけ遅めの紫陽花がまだ見頃で、
ちょうどあじさい祭が開催されていました。
120708-2-11.jpg

金色不動堂の前の休憩所から見下ろした紫陽花苑。
120708-2-12.jpg

ここでは金色不動茶をいただきました。
金粉入りのしその香煎茶。とても美味しかったです。
120708-2-13.jpg

観音堂。
120708-2-14.jpg

観音堂前では冷たいしそジュースをいただきました。
こちらはあじさい祭期間中の無料接待だそうです。
120708-2-15.jpg

小さい観音様がたくさん並んでいる向こうに紫陽花のブルー。
120708-2-16.jpg

広い境内をぐるりとゆっくり散策しました。
120708-2-17.jpg

拝観順路の帰り道、御殿門から出る前に、火灯窓の向こうに見えた聚碧園。
(上から2番目の写真)
120708-2-18.jpg


三千院
http://www.sanzenin.or.jp/

テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

夏の大原散策

(2012/07/08撮影)
天気が良くなりそうだったので、朝から大原にでかけました。

120708-1-01.jpg

午前中は、まだ曇り空だったのですが、
三千院への上り坂には、涼しくてちょうどいい感じでした。
120708-1-02.jpg

大原女の衣装を着た木の切り株(?)。
120708-1-03.jpg

このゆる~~い案内板に誘われて、脇道にそれてみると・・・
120708-1-04.jpg

しそ畑の向こうに山並みが見える絶景ポイントがありました。
120708-1-05.jpg

また元の道に戻ってしばらくいくと、楽しみにしていた「アイスきゅうり」を売っている志ば久さん。
志ば久
http://www.shibakyu.jp/

120708-1-06.jpg

ほどよい塩加減が暑い夏にぴったりのおやつですね。
大きなきゅうりでお腹いっぱいになりました。
帰りにもう一度通りがかったときに、しば漬けなどお土産を買って帰りました。
120708-1-07.jpg

まずは三千院へ。
三千院の中の様子はこちらの記事で・・・
120708-1-08.jpg

三千院へは数年ぶりなんですが、門前の通りは清水や嵐山のような小ぎれいなお土産屋ロードになっていました。
120708-1-09.jpg

午後からは、他のお寺も訪ねてみました。
宝泉院。
宝泉院の中の様子はこちらの記事で・・・
120708-1-10.jpg

勝林院。
勝林院の中の様子はこちらの記事で・・・
120708-1-11.jpg

お寺巡りを終える頃には、すっかり雲が晴れて日が射してきました。
120708-1-12.jpg

夏の大原は、市街地とそれほど温度差はないと思うので、
日が射すとそこそこ暑かったんですが、この清流の水音が体感温度を少し下げてくれるような気がします。
120708-1-13.jpg

緑のトンネル。
120708-1-14.jpg

お寺巡りの帰り道、夕方にここを下ってくると、ちょうどこの傘に向こう側から日が当たって、
ものすごくきれいな色に見えます。
120708-1-15.jpg

お土産屋さんの看板猫さん。
観光客に撫でられても、ときどき向きを変えるだけで、
人通りの多い中ぐっすりお休み中でした。
120708-1-16.jpg

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

ルイ・イカール美術館KYOTO

(2012/05/05撮影)
ルイ・イカール美術館KYOTO

120505-2-01.jpg

瑠璃光院に行く少し手前に、真っ赤な紅葉が美しい某企業の保養所があったのですが、
いつのまにか「ルイ・イカール美術館KYOTO」という名前に変わっていました。
その看板を、メモ代わりに1枚撮ってから瑠璃光院に行くと、拝観受付でこちらの入場券をいただきました。
聞けば、某企業の保養所を買い取り、瑠璃光院が運営している美術館とのことで、
瑠璃光院からの帰りに、せっかくなので寄ってみました。
120505-2-02.jpg

ここは、イカール作品のコレクターの家というコンセプトで設計されたそうで、
絵を見せるだけでなく、展示してある部屋も含めて、その時間や空間を楽しむ美術館です。
1階のメインギャラリー。
壁にたくさんの絵が展示されているのですが、この壁を見る前にまず目に飛び込んでくるのが・・・・
120505-2-03.jpg

メインギャラリーに足を踏み入れてまず目に入るのは、この大きな窓の外の美しい庭。
和の瑠璃光院とは全く違う洋の空間なのに、こうした演出に私はどことなく共通点を感じました。
120505-2-04.jpg

1階のサロン。
大きなガラス窓に展示された絵。その向こうは竹の庭。
120505-2-05.jpg

2階には、「Le Jour(ル・ジュール 朝の間)」「Le Soir(ル・ソワール 昼の間)」「La Nuit(ラ・ニュイ 夜の間)」という3つの部屋があり、それぞれのテーマに沿った内装と作品の展示がされています。
これらは、インテリアや作品だけでなく、光、香り、音などを、実際にその場に行って味わったほうがいいので、
あまり写真を出すのは控えておきますね。
120505-2-06.jpg

ルイ・イカールという画家のことは知らなかったのですが、
小難しい芸術作品の絵画ではなく、イラストレーション的な絵なので私は好きです。
絵でも写真でもそうですが、ビジュアル表現というのは、
情報伝達として機能してこそ良い絵であり写真であると思っているので・・。

これは、ダビンチなど多くの芸術家が描いた「LEDA AND THE SWAN(レダと白鳥)」。
スパルタの王の妻レダを白鳥に姿を変えたゼウスが誘惑するというエピソードを書いた本の挿絵が展示されている部屋の1枚ですが、なぜにこの絵は黒鳥なのかはよくわかりません。(^_^;)
120505-2-07.jpg



ルイ・イカール美術館KYOTO
http://www.icartweb.com/www/icartkyoto.html

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑠璃光院の青もみじ

(2012/05/05撮影)
GW中、でかけられる都合とお天気のタイミングが最高だった5日は、瑠璃光院に行ってきました。

120505-1-01.jpg

去年の秋の公開のときには都合がつかず行けなかったので約一年ぶりです。
120505-1-02.jpg

秋の紅葉シーズンより、この翡翠色の世界が一番好きです。
120505-1-03.jpg

カエデの若葉のほか、馬酔木の若葉も美しい緑色の空間を作っています。
120505-1-04.jpg

山門をくぐって、参道を登っていく途中に見える茶庵。
120505-1-05.jpg

書院の二階。
写経をする人、庭を見下ろしてくつろぐ人、まずはこの広間でゆっくり過ごします。
120505-1-06.jpg

120505-1-07.jpg

二階から見下ろした瑠璃の庭。
120505-1-08.jpg

障子が緑に染まる。
120505-1-09.jpg

一階の縁側で、瑠璃の庭を見ながらいただくお茶。
今年はこんなお菓子でした。
120505-1-10.jpg

臥龍の庭。
120505-1-11.jpg

臥龍の庭の池にいた金魚(鯉の稚魚?)。
きれいな波紋を作ってくれました。
120505-1-12.jpg


瑠璃光院
http://rurikoin.komyoji.com/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

新緑の瑠璃光院

(2011/05/15撮影)
比叡山から下りて、春の公開中の瑠璃光院に行きました。

110515-3-01.jpg

この門の向こうは緑色の世界。
110515-3-02.jpg

書院二階の北側の窓。
110515-3-03.jpg

瑠璃の庭を見下ろす側の窓。
秋の紅葉シーズンに比べると空いている方ですが、
それでもけっこう賑わってました。
110515-3-04.jpg

瑠璃の庭。二階からの眺め。
110515-3-05.jpg

書院の一階では、お茶を頂きながらゆったりと瑠璃の庭を眺めることが出来ます。
110515-3-06.jpg

110515-3-07.jpg

110515-3-08.jpg

茶庵・喜鶴亭。
110515-3-09.jpg

喜鶴亭から臥龍の庭の眺め。
110515-3-10.jpg

茶室。
110515-3-11.jpg



瑠璃光院
http://rurikoin.komyoji.com/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

八瀬・初夏のもみじ

(2010/05/04撮影)
叡電から瑠璃光院までの道の途中でいろいろなもみじに出会いました。
池に映る新緑。
100504-2-01.jpg

激流と青もみじ。
100504-2-02.jpg

もみじの若葉。
100504-2-03.jpg

花が終わり、すでに小さなプロペラをつけているものも・・。
100504-2-04.jpg

はじめから赤いもみじ。
100504-2-05.jpg

一番上の写真は、池の噴水の波紋でした。
水面に写っていたのは、このもみじ。
100504-2-06.jpg

おまけ。
もみじは写っていませんが、池の片隅の目立たないところに、
真っ赤な椿が落ちていました。季節は春から夏へ・・。
100504-2-07.jpg


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

新緑の瑠璃光院

(2010/05/04撮影)
昨日は瑠璃光院に行きました。
出町柳から叡電が満員だったので、嫌な予感がしたのですが、
八瀬についても瑠璃光院へ向かう人は意外に少なくて、
連休中の観光スポットとしてはわりと空いていました。

100504-1-01.jpg

三門の石段。
100504-1-02.jpg

三門をくぐると「山露地の庭」。
100504-1-03.jpg

青もみじと苔の緑と、天も地も、全方向が緑色です。
100504-1-04.jpg

天。
100504-1-05.jpg

地。
100504-1-06.jpg

建物の中に入って、順路通り階段を上って行くと、
一番はじめに目に飛び込んでくるのがこの景色。
思わず「きれい」と声に出してしまいます。
100504-1-07.jpg

「瑠璃の庭」を見下ろす二階の窓際。
100504-1-08.jpg

二階から見た瑠璃の庭。
100504-1-09.jpg

写経用のテーブルに写る青もみじが、部屋中緑色に染めているようです。
100504-1-10.jpg

一階に下りて、特等席でお茶をいただきました。
このお菓子も、ここに来る楽しみのひとつになりました。
100504-1-11.jpg

一階お茶席から見た瑠璃の庭。
100504-1-12.jpg

順路をめぐり、次のお庭へ。
100504-1-13.jpg

「臥龍の庭」。
100504-1-14.jpg

ここは、なんだわからないけど、とても落ち着く場所で、
何度行っても飽きません。
春の公開は5月31日までなので、機会があれば公開中にまた行ってみたいです。
100504-1-15.jpg


瑠璃光院
http://www.komyoji.com/ruri/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑠璃光院・紅葉見頃

(11月21日の写真です)
昨日は、ふたたび瑠璃光院紅葉を見に行きました。
ちなみに前回は↓こちら
11月8日の瑠璃光院
http://kyotofreebirds.blog109.fc2.com/blog-entry-796.html


091121-1-01.jpg

2階の窓から見下ろす瑠璃の庭もすっかり色づいていました。
8日に行ったときに赤かった左側の木は、もう落葉が進んでいます。
091121-1-02.jpg

宝ヶ池や岩倉方向になるのかな?向こうの山の紅葉もきれいです。
091121-1-03.jpg

この日は拝観時間直後からたくさんの人で、
瑠璃の庭の前の1階のお茶席も、3列の大人数仕様になっていました。
この写真は奇跡的に人がとぎれた瞬間です。
091121-1-04.jpg

こんな日は、お抹茶付き拝観券がだんぜんおすすめ。
特等席からお庭をみることができます。
091121-1-05.jpg

お茶とお菓子。
お菓子は、春の特別拝観のときと同じ、栗きんとんでしたが、
春に来たときも、とてもおいしくて印象に残っていました。
お菓子に添えてある真っ赤な紅葉の葉がうれしいですね。
091121-1-06.jpg

瑠璃の庭の苔は、写真に撮るととても発色が良いですね。
091121-1-07.jpg

茶室の前の臥龍の庭。
この日は、このお庭の色づき具合が一番きれでした。
091121-1-08.jpg

臥龍の庭の水辺の紅葉
お寺の方が、「今年はこれが一番いい色になりました。」とおっしゃってました。
091121-1-09.jpg

山門の外からの眺めも、2週間前とはずいぶんかわりました。
091121-1-10.jpg


瑠璃光院
http://www.komyoji.com/ruri/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

八瀬の紅葉

(11月7日の写真です)
比叡山に登るために行ったケーブルの駅付近の紅葉の様子です。
一週間前の写真ですのでご注意ください。

091107-1-01.jpg

茶店の前の池。
091107-1-02.jpg

川の周りの大きなカエデの木。
091107-1-03.jpg

瑠璃光院近くの民家の紅葉
091107-1-04.jpg

八瀬の清流と紅葉
もっと色づくときれいなんですけどね。
091107-1-05.jpg

091107-1-06.jpg

ケーブルカーの最後尾の窓からの眺め。
ここも、もっと色づくと真っ赤な紅葉のトンネルになるそうです。
今週末あたりはもっときれいなんでしょうね。
091107-1-07.jpg


叡山ケーブル・ロープウエイ
http://www.keifuku.co.jp/cablecar/index.html

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑠璃光院・色づきはじめ

今日は、八瀬から比叡山に行ってきました。
まずは、瑠璃光院写真から…。

091107-2-01.jpg

まだ、色づきはじめという感じですが、日差しの加減(見に行く時間)によっては、
きれいな紅葉が見られそうです。
091107-2-02.jpg

カエデの種類によるのでしょうか、赤くなっている木もあれば、まだまだ青々としている木もあります。
091107-2-03.jpg

2階の窓から。
091107-2-04.jpg

2階から見下ろした瑠璃の庭。
091107-2-05.jpg

みんながお庭を眺めたり写経をしたりしている片隅に、
なんと、無線LANが…。笑
091107-2-06.jpg

抹茶を塗したような苔の杉皮塀。
091107-2-07.jpg

1階からお庭を眺めるお座敷。
091107-2-08.jpg

1階からのお庭の眺め。
まだ青いです。
091107-2-09.jpg

お庭のさざんか。
091107-2-10.jpg

茶室の前のお庭。
091107-2-11.jpg


瑠璃光院
http://www.komyoji.com/ruri/




このあと、比叡山に行ったので、その様子はまた明日以降にアップしようとおもっていますが、
紅葉情報だけ書いておきますね。
比叡山の紅葉はそろそろ見頃です。
まだ真っ赤というわけではないのですが、下界よりはかなり色づいていました。

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

八瀬比叡山口の水草の花

(8月3日の写真です。)

090803-2-01.jpg

去年も書いたのですが、叡電の八瀬比叡山口かケーブル八瀬駅行く途中の池には、
この時期、小さな白い花が咲いています。
090803-2-02.jpg

滋賀のどこやらにある本物の梅花藻なるものを見たことがないのでよくわかりませんが、
ネット上の写真を見る限り、これはその梅花藻とは別物みたいです。
090803-2-03.jpg

葉の形も違うし、花びらは3枚みたいです。
でも、小さくてかわいいですよ。(^^)
090803-2-04.jpg

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑠璃光院・翡翠色の空間

昨日、ときどき小雨が降る中、
八瀬の瑠璃光院へ行きました。

090516-1-01.jpg

山門から一歩足を踏み入れると、翡翠色の世界です。
090516-1-02.jpg

まずは、書院の2階から、
すぐ目の前に広がる「瑠璃の庭」の新緑を眺めます。
090516-1-03.jpg

2階からお庭を見下ろしたところ。
090516-1-04.jpg

順路のとおり進んでいくと、
日本式蒸し風呂の原型とされる「八瀬のかま風呂」が見学できます。
090516-1-05.jpg

書院の1階では、お抹茶をいただきながら、
もう一度瑠璃の庭を見ることが出来ます。
090516-1-06.jpg

お菓子にはカエデの葉が添えられていました。
090516-1-07.jpg

青もみじの枝は、高いところで間近に見るのも良いですが、
地面の苔は、やはり低い位置から見る方が良いですね。
090516-1-08.jpg

瑠璃の庭とはまた趣の違った「臥龍の庭」。
茶室前の縁側に座ってゆっくり眺められます。
090516-1-09.jpg

茶庵「喜鶴亭」。
090516-1-10.jpg

ケーブル&ロープウエイはよく利用するので、
叡電・八瀬比叡山口駅あたりにはよく来るのですが、
春と秋の限られた期間しか拝観できない瑠璃光院は、
なかなかタイミングが合わず、今まで中に入ったことはありませんでした。
去年の秋は山門の外から紅葉だけ見てきました。
今年は、紅葉の季節にも来てみたいと思いました。
090516-1-11.jpg


瑠璃光院
http://www.komyoji.com/ruri/

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

大原・雪景色

が降りましたね~。
今日は大原に景色を見に行きました。

081226-1-01.jpg

お昼前ぐらいに到着したので、一面真っ白というわけではなかったのですが、
それでも結構積もっていました。
081226-1-02.jpg

寂光院の景色。
081226-1-03.jpg

人が歩かない所はこんもりとが積もっています。
081226-1-04.jpg

お昼頃になって、少し溶け始めたシャーベット状の
081226-1-05.jpg

真っ赤な南天の実が白いの中から現れました。
081226-1-06.jpg

今日はお庭の池の水などはまだ凍っていませんでした。
081226-1-07.jpg

ちょうど満開のサザンカが雪の下でも元気に咲いていました。
081226-1-08.jpg

ときどき晴れ間も出て、
まるでクリスマスのケーキみたいに、粉砂糖を振ったような山が
青い空の下に映えてとってもきれいでした。
081226-1-09.jpg



寂光院
http://www.jakkoin.jp/

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。