スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江今津・桂浜の彼岸花

(2014/09/22撮影)
良い天気だったので、琵琶湖畔に咲く彼岸花を観に行きました。

140922-1-01.jpg

ちょうど見頃でした。
140922-1-02.jpg

いいお天気なので竹生島もくっきり。
140922-1-03.jpg


140922-1-04.jpg


140922-1-05.jpg


140922-1-06.jpg

たっぷり夕方まで過ごしたので、夕日を浴びてますます鮮やかな赤になった美しい彼岸花の群生を観ることができました。
140922-1-07.jpg


140922-1-08.jpg


140922-1-09.jpg


高島市観光情報
http://www.takashima-kanko.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

野洲市・弥生の森歴史公園の睡蓮

(2014/08/02撮影)
妙蓮公園のあと、まだ時間も早かったので、弥生の森歴史公園にも行ってみました。
妙蓮資料館の展示物の情報から、大賀ハスがあるとのことだったので、それを目当てに行ったのですが、蓮はもうとっくに終わってる感じで、一輪も咲いてませんでした。
でも、そのかわりに池に睡蓮が咲いていました。

140802-3-01.jpg


140802-3-02.jpg

最盛期ならもっとたくさん咲いていたのかもしれませんが、今も十分きれいです。
140802-3-03.jpg

花も葉もほとんど傷みが無くとても美しい睡蓮の池です。
140802-3-04.jpg

弥生の森というだけあって、竪穴式住居や高床式の倉などがあります。
そのまわりには、栗や柿などが植えてあり、古代の暮らしを表現しているのでしょうか。
こういうのは子ども達の学習資料としてとてもいいですね。
140802-3-05.jpg

140802-3-06.jpg

140802-3-07.jpg



野洲市・弥生の森歴史公園
http://www.city.yasu.lg.jp/doc/kyouikubu/hakubutukan/20071219c.html

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

守山市・近江妙蓮公園

(2014/08/02撮影)
烏丸半島の蓮を観た後、守山のひまわりを見に行ったのですが、もうすっかり終わっていたので、予定を変更してこのあたりの蓮・睡蓮めぐりをすることにしまました。
以前から噂には聞いていたのですが、検索しても半分枯れたような汚い花の写真ばかりで、見頃時期がわからず今までパスしていたのですが、近くだったのでとりあえず行ってみることにしました。
行ってみると、きれいに咲いているじゃないですか!
なんであんな汚い写真しかネット上にないのか意味がわからない。w
花弁が多いので、開花が進むと傷みやすい花ではあるんですが、
ブログなりなんなりで公開するならできるだけきれいに撮ってあげましょうよ。花がかわいそう。
140802-2-01.jpg

はじめの頃のつぼみは、普通の蓮とほとんど変わらないんですが・・
140802-2-02.jpg

開花直前には、まるくふくらんできて卵形になります。
140802-2-03.jpg

そして、一つのつぼみから複数の花が開花していきます。
140802-2-04.jpg

ひとつのつぼみから、2~6輪ぐらいの花が咲くようです。
こういう花なので、池にたくさん咲いている風景を鑑賞するというよりは、花に近づいてひとつひとつじっくり観るという感じでしょうか。鑑賞順路もそのように設えられています。
140802-2-05.jpg

まだときどき小雨が降っていたので、花や葉に着いた雨粒がとてもきれいでした。
140802-2-06.jpg

ビーズ刺繍のように、葉脈に沿って小さな雨粒が並んでいました。
140802-2-07.jpg

まだ朝の早い時間だったからか、人も少なくてとてもゆっったりと鑑賞できました。
140802-2-08.jpg

駐車場横の田んぼのまんなかにさぎがいました。w
140802-2-09.jpg


滋賀県観光情報:近江妙蓮公園
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot_feature_1568.html

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

烏丸半島・夜明けの蓮

(2014/08/02撮影)

暑いので、涼しいうちに思って、早朝というか夜中から琵琶湖に行きました。
140802-1-01.jpg

あいにくの小雨で、朝焼けはほんの短い時間で消えてしまいましたが、夜明けと共に開きだした蓮がとてもきれいでした。
140802-1-02.jpg


140802-1-03.jpg


140802-1-04.jpg

今年は、湖岸にあの外来植物のオオバナミズキンバイがたくさん咲いていました。
きれいな可愛い花ではあるんですが、琵琶湖のあちこちで爆発的に大繁殖しているそうで、滋賀県は駆除に苦慮しているようです。
140802-1-05.jpg

確か昨年までは、水面も見えていたと思いますが、今年はご覧の通り蓮のないとこは黄色い花で埋め尽くされています。
140802-1-06.jpg

蓮の群生を上空から観る気球のイベントが朝早くから行われていました。
140802-1-08.jpg

まだつぼみもあったので、もう少し楽しめそうです。
140802-1-07.jpg


テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

草津市立水生植物公園みずの森

(2014/06/21撮影)
久しぶりにみずの森に行ってきました。

140621-1-01.jpg

睡蓮が見頃です。
140621-1-02.jpg

140621-1-04.jpg

園内の蓮もたくさん咲いています。
140621-1-03.jpg

蓮の教材園でも咲き始めています。
140621-1-05.jpg

140621-1-06.jpg

その蓮の下葉では、カエルになりたての赤ちゃんガエルが続々と上陸中でした。
小さくて可愛い~~。
140621-1-07.jpg

ロータス館内の睡蓮もきれいでした。
140621-1-08.jpg

群生の蓮はまだ1ヶ月ほど先ですが、園内にはたくさんの花が咲いていました。
蒸し暑かったですが、それでも真夏ほどの猛暑ではないので、
びわ湖からの風も気持ちよくて、一日ゆっくり観て歩きました。
140621-1-11.jpg

140621-1-09.jpg

半夏生も見頃。
140621-1-10.jpg


草津市立水生植物公園みずの森
http://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

びわ湖バレイのスイセン

(2014/05/10撮影)
びわ湖バレイのスイセンを観に行きました。

140510-1-01.jpg


140510-1-02.jpg


140510-1-03.jpg


140510-1-04.jpg


140510-1-05.jpg


140510-1-06.jpg

スイセンは見頃で、お天気も快晴。
写真だけ見ると、のどかなお花畑みたいですが、実際はものすごい強風。
花は前後左右に激しく揺れています。w


その激しく揺れる花をシャッター速度を遅くして撮ってみました。
140510-1-07.jpg



140510-1-08.jpg


140510-1-09.jpg

風が吹いたり、日が陰ったりするとすごく寒いので、暖かい格好で行かれるのがいいと思います。
140510-1-10.jpg


びわ湖バレイ
http://www.biwako-valley.com/

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

守山なぎさ公園の菜の花

寒い日が続いているので、比良の山々が白く美しいだろうなと思って、
守山なぎさ公園の菜の花を見に行きました。

140211-1-01.jpg

思った通り、美しい山並みと青い空、菜の花もたくさん咲いていました。
140211-1-02.jpg

今日はお天気もよかったので、多くの人で賑わっていました。
140211-1-03.jpg

なかなか満開にはならなかったのですが、それでも少し前から咲いていたので、花は少し傷みがありました。
140211-1-04.jpg


140211-1-05.jpg

今日の琵琶湖は大荒れで、珍しく白波が立っていました。
140211-1-06.jpg

ところで、とっても賑わっていて駐車場に入れなくても心配ご無用。
今、なにかと話題の「ピエリ守山」がすぐ近くにあるじゃないですか!w
歩いてもすぐなので、そっちに駐めても良いと思いますよ。

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

マキノ・メタセコイヤ並木の紅葉

(2013/11/30撮影)
鶏足寺のあと、奥琵琶湖バークウエイを通ってマキノに向かいました。

131130-3-01.jpg

マキノピックランド付近のメタセコイヤ並木が黄色く色づいていました。
131130-3-02.jpg


131130-3-03.jpg

この色は、まだ紅葉の過程で、もっと赤茶色になっていくそうです。
これからが見頃ですね。
131130-3-04.jpg


131130-3-05.jpg

この週末は、ビワイチ(琵琶湖一周)ドライブになりましたが、
道路は思ったより空いていて、とても快適でした。
いつも思うのは、滋賀県のような広々とした所に行くと、
京都の狭い観光地で人がひしめきあってるのがアホらしくなります。
となりに滋賀県という避難場所が有ってよかった~~。w


高島市観光情報
http://www.takashima-kanko.jp/index.html

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

彦根城・玄宮楽々園の紅葉

(2013/11/30撮影)
土曜日、鶏足寺に行く前に彦根城に寄りました。

131130-2-01.jpg

こちらでの紅葉はほとんど期待していなかったのですが、玄宮楽々園はちょうど見頃でした。
131130-2-02.jpg


131130-2-03.jpg


131130-2-04.jpg


131130-2-05.jpg


131130-2-06.jpg


131130-2-07.jpg


131130-2-08.jpg


131130-2-09.jpg

このあと、湖北の木之元へ向かう途中、伊吹山あたりは雪景色でした。
131130-2-10.jpg


彦根観光協会
http://www.hikoneshi.com/jp/

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

滋賀・鶏足寺の紅葉

(2013/11/30撮影)
土曜は滋賀の紅葉を観に行きました。
まずは、木之本町の鶏足寺。

131130-1-01.jpg

散り紅葉の真っ赤な絨毯を狙って行ったので、木の上の紅葉がないのは想定内だったのですが、やはり人気スポットだけに、石段の落ち葉はたくさんの人に踏まれてかなり傷んでいても赤ではなくなっていました。
131130-1-02.jpg

それでも、まだちょうど見頃の真っ赤な紅葉がけっこう残っていました。
131130-1-03.jpg


131130-1-04.jpg


131130-1-05.jpg


131130-1-06.jpg

こちらは廃寺なので、石段を登り切ってもとくに何があるわけではありません。
131130-1-07.jpg

廃寺なので、美しい紅葉は地元の方が手入れをして保存されているそうです。
131130-1-08.jpg

真っ赤な紅葉の参道までの登り道もきれいに整備されていて歩きやすいです。
131130-1-09.jpg


131130-1-10.jpg


131130-1-11.jpg

紅葉の観光シーズンは、地元の方たちがお店を出していて、いろいろ食べ歩きしたりお買い物したりもできます。
131130-1-12.jpg

サラダパンも売っていました。
このあたりのローカルフードでちょっと有名らしいですね。
私は知らなかったんですが・・・。
131130-1-13.jpg

刻んだ「たくあん」のマヨネーズ和えが挟んであります。
ようするに、タルタルソースみたいなものですよね。ピクルスの代わりにたくあん。
まあ、具はたくあんだけですけど。
でも美味しかったです。
131130-1-14.jpg

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

びわ湖花火大会2013

昨日はびわ湖花火大会を観に行きました。
京都側からちょこっと山に登って、山の上からのぞき見る恒例のあの場所。


直径500mの20号玉×2。
130808-1-01.jpg


130808-1-02.jpg


130808-1-03.jpg


130808-1-04.jpg


130808-1-05.jpg


130808-1-06.jpg


130808-1-07.jpg

水中スターマイン。
130808-1-08.jpg


130808-1-09.jpg

風がなかったので、煙が筋雲のように漂っていました。
130808-1-10.jpg

【ご注意】
ここは、花火からはかなり遠いので、望遠レンズで写真を撮る人向きの場所です。
肉眼では小さくしか見えないので物足りないと思います。単なる花火見物にはおすすめできません。


びわ湖花火大会
http://www.biwako-visitors.jp/hanabi/

テーマ : 花火
ジャンル : 写真

守山市第一なぎさ公園のひまわり

(2013/07/21撮影)
烏丸半島の群生の蓮を見た後は、橋を渡って帰る前に守山なぎさ公園にも寄って、満開のひまわりを観てきました。

030721-4-01.jpg


030721-4-06.jpg

ちょうど見ごろでした。
030721-4-02.jpg


030721-4-03.jpg

大きなキャンバスに実物大のひまわりの絵を描いてらっしゃるのが、あまりに素敵な風景だったので撮らせていただきましたが、ご本人様、もしご覧になってこの写真の公開は不可でしたらおしらせください。直ちに削除いたします。
030721-4-04.jpg


030721-4-05.jpg

この日は、朝早くから琵琶湖を渡って蓮とひまわりを観て、このあとは大原で昼食をとり温泉でさっぱり汗を流してから、夜は宝ヶ池で花火&ビアパーティーに行きました。

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

草津市立水生植物公園みずの森・睡蓮

(2013/07/21撮影)
琵琶湖の群生の蓮を観に行った時に、みずの森園内に咲いていた睡蓮です。

030721-3-01.jpg


屋外の水槽の睡蓮たち。
030721-3-02.jpg


030721-3-03.jpg


030721-3-04.jpg


030721-3-05.jpg


030721-3-06.jpg


030721-3-07.jpg

エントランス広場にはこういう素敵な睡蓮鉢がたくさん置かれています。
030721-3-08.jpg

スイレン池も色とりどりの睡蓮が咲いていました。
030721-3-09.jpg



草津市立水生植物園みずの森
http://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

烏丸半島・みずの森の蓮

(2013/07/21撮影)
日曜日に烏丸半島の蓮を観に行きました。

まずは草津市立水生植物公園みずの森の園内の蓮から。

030721-2-01.jpg


正面玄関から入ってすぐの広場の噴水のまわりに小さめの蓮がいろいろ咲いていました。
030721-2-02.jpg


教材園では大輪の蓮がたくさん咲いていました。
030721-2-03.jpg


この日は朝のうちはうろこ雲が出ていました。
030721-2-04.jpg


風もなく風車も回らないこの日は、朝から猛暑でした。
030721-2-05.jpg


みずの森園内の芝生の丘の上から見た蓮の群生地。
030721-2-06.jpg


東ゲートから湖岸に出ました。
030721-2-07.jpg



030721-2-08.jpg


だいたい毎年観に来ていますが、今年は一番いいタイミングだったようです。
030721-2-09.jpg



草津市立水生植物園みずの森
http://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

海津大崎の桜

(2013/04/13撮影)
彦根城の桜長浜城・豊公園の桜の次には海津大崎の桜を観に行きました。

130413-3-01.jpg

以前から申し込んでいたツアーなので、咲き具合が心配でしたが、
桜はちょうど満開、お天気も最高、うまくタイミングが合いました。
130413-3-02.jpg

陸側からの花見客はもちろんのこと、船からの花見も賑わっていました。
130413-3-03.jpg

日中は車の通行規制も・・。
130413-3-04.jpg

カヌーですか?こういうお花見も素敵ですね。
130413-3-05.jpg

湖面がキラキラと輝いています。
130413-3-06.jpg


130413-3-07.jpg

全長4kmほどあり、全部は歩けないので(時間的に)大崎寺の手前で折り返し、
その先へはこのあとバスの車窓から眺めました。
130413-3-08.jpg


130413-3-09.jpg

このあと、バスの車窓から琵琶湖岸の桜や奥琵琶湖パークウエイの桜を存分に堪能し、
今年の桜のしめくくりにふさわしい見事な桜を楽しめました。
130413-3-10.jpg


高島市観光情報~海津大崎の桜~
http://www.takashima-kanko.jp/sakura/

テーマ :
ジャンル : 写真

長浜・豊公園の桜

(2013/04/13撮影)
彦根城の桜の次に、長浜城跡・豊公園の桜を観に行きました。
こちらも桜情報では「散りはじめ」でしたが、ご覧のようにまだまだ見頃でした。
130413-2-01.jpg


130413-2-02.jpg

桜の下ではお花見宴会するグループがいくつも。
バーベキューなんかもOKみたいですね。
130413-2-03.jpg

浜辺でのお花見も滋賀ならではですね。
130413-2-04.jpg


130413-2-05.jpg

この地方出身の村上義一氏の像が、
満開の桜の中、人々の花見の様子を見守っているようでした。
130413-2-06.jpg


滋賀県観光情報~豊公園~
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=850

テーマ :
ジャンル : 写真

彦根城の桜

(2013/04/13撮影)
土曜日は、琵琶湖周辺の桜を観にでかけました。
まずは彦根城。
桜情報では「散りはじめ」とのことだったので全く期待していなかったのですが、
まだまだこんなに残っていたので充分楽しめました。

130413-1-01.jpg


130413-1-02.jpg

お堀の遊覧船。
130413-1-03.jpg


130413-1-04.jpg

天守閣への入場は「30分待ち」だったので、今回は先を急ぐので断念。
天守閣の近くまでだけ行ってみました。
130413-1-05.jpg


130413-1-06.jpg

芽吹きはじめた若葉が桜に色彩を加えて春真っ盛り。
130413-1-07.jpg

琵琶湖を見下ろす桜。
130413-1-08.jpg

ちょうどこの日はひこにゃんの誕生日イベントが行われてたそうです。
130413-1-09.jpg


130413-1-10.jpg


彦根観光協会
http://www.hikoneshi.com/jp/

テーマ :
ジャンル : 写真

長浜盆梅展・ライトアップ

(2013/02/10撮影)
この連休には再び長浜の盆梅展を観に行きました。
夜間ライトアップも始まっていたので、今回は夜の写真を・・。

130210-1-01.jpg

お庭が見えるガラス戸に写った盆梅。
130210-1-02.jpg

「不老」はちょうど満開でした。
130210-1-03.jpg

昼間の明るいライティングと違って、夜用のライティングになります。
130210-1-04.jpg

130210-1-05.jpg

「さざれ岩」もかなり咲いていました。
130210-1-06.jpg

スポットライトを浴びて妖しい存在感の「白滝」。
130210-1-07.jpg

昼間は混んでいますが、夜は空いているのでゆっくり落ち着いて鑑賞できますよ。
130210-1-08.jpg


長浜盆梅展
http://www.nagahamashi.org/bonbai/index.php

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

長浜・黒壁美術館

盆梅展を観に行った日の長浜です。
駅前のアクアツリー。
130126-2-01.jpg

ガラスの葉を水が伝って流れるオブジェなので、
その水が凍ってたくさんのつららが出来ていました。
寒い長浜なので、冬にはこうなることを想定してのデザインなのでしょうか?
この姿も美しいです。
130126-2-02.jpg

まずは盆梅展に行って、その後、いいお天気の長浜から電車に乗って、
木ノ本まで行ったら大雪だったので、ちょこっと観光してまた長浜に戻ってきました。
その頃には長浜にも雪が降り出しました。
130126-2-03.jpg

黒壁美術館。
江戸時代の建物を利用した美術館なので、思わぬ雪景色が楽しめました。
130126-2-04.jpg

ヨーロッパのガラス工房のコレクション。
これは、エミール・ガレの花器。
130126-2-05.jpg

130126-2-06.jpg

130126-2-07.jpg

現代作家の新作展示。
背景の雪が展示を引き立てて素敵!
130126-2-12.jpg

奥の蔵を改造した展示場では、企画展が催されています。
今は、ドイツ現代ガラス展「対話と瞑想」。
130126-2-08.jpg

中庭はすっかり雪景色。
130126-2-09.jpg

咲き始めた蝋梅にも雪が積もって寒そう。
130126-2-10.jpg

夜になるとアクアツリーのガラスの葉に灯りが点っていました。
130126-2-11.jpg


黒壁美術館
http://www.kurokabe.co.jp/museum/

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

長浜盆梅展

(2013/01/26撮影)
長浜盆梅展を観に行きました。

130126-1-01.jpg

130126-1-02.jpg


行った日は3分咲きとの公式発表でしたが、鉢によっては満開や見頃のものもあり、
会場には春の香りが漂っていました。
130126-1-03.jpg

130126-1-04.jpg

130126-1-05.jpg

130126-1-06.jpg

この日の強風や大雪の湖北でしたが、まだお昼頃までは雪もなく良い天気の長浜でした。
130126-1-07.jpg

130126-1-08.jpg

130126-1-09.jpg

130126-1-10.jpg

130126-1-11.jpg

130126-1-12.jpg


長浜観光協会
http://nagahamashi.org/index.html

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

琵琶湖烏丸半島の夕日

(2013/01/12撮影)
草津市立水生植物園みずの森の帰りに見た烏丸半島の夕暮れ。

日暮れが近づいてきたので、すずめが1本の木に集まっていました。
130112-5-01.jpg

すすきも金色に輝いていました。
130112-5-02.jpg

枯れた蓮の茎は湖面に幾何学模様を作っています。
130112-5-03.jpg

よく見ると蓮の茎の林の中に、カイツブリがたくさんいました。
130112-5-04.jpg

テーマ : 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け
ジャンル : 写真

草津市立水生植物公園みずの森・夕日のアトリウム

(2013/01/12撮影)
守山で菜の花を見た日、夜の火祭りまで少し時間が有ったのでみずの森に行きました。
ちょうど夕日が差し込む時間だったので、いつもとは違う表情の睡蓮を観ることが出来ました。

130112-4-01.jpg

130112-4-02.jpg


順光でも横からの光は面白いですね。
130112-4-03.jpg

130112-4-04.jpg

130112-4-05.jpg

睡蓮の池に鮮やかなオレンジ色の花が乗ってます。
130112-4-06.jpg

そのオレンジ色の花はカエンカズラ。
アトリウムの天井に咲いています。
130112-4-07.jpg

カリアンドラはちょうど見頃。花がたくさんついていました。
130112-4-08.jpg

ユーフォルビア・フルゲンス。
夕日を浴びて一際真っ赤に輝いていました。
130112-4-09.jpg

雪が積もっているように小さな花が枝いっぱいに咲くフブキバナ。
散るときは吹雪のようなのでしょうか・・?
130112-4-10.jpg

コルディリネ'ニューギニアブラック。
小さなかわいい花です。
130112-4-11.jpg

アマゾンリリー。
花の説明札に「ウエディングブーケに使われる・・・ダイアナ妃や松田聖子さんも・・」
と書いてあったのですが「何回目の?」と突っ込まずにはいられなかった。笑
130112-4-12.jpg

変わった色のハイビスカス。
スモーキーなブルーというか、ブルーグレーというか・・
130112-4-13.jpg

屋外は、時間が無くて玄関の広場あたりしかみていませんが、
ビオラをおしゃれに植えてあって、この時期でも花を楽しめるようにきれいに飾られていました。
130112-4-14.jpg


草津市立水生植物園みずの森
http://www.mizunomori.jp/

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

守山市住吉神社・浮気の火祭り

(2013/01/12撮影)
浮気の火祭りは、滋賀県守山市浮気(ふけ)町にある住吉神社で行われます。

130112-2-01.jpg

この火祭りは、土御門天皇を病にさせて苦しめたという大蛇を斬り殺した時、
頭が浮気に、胴体は勝部に、尾は瀬田に飛んだという大蛇退治の伝説が由来だそうです。
同日、近くの勝部神社でも同じような火祭りがありますが、
瀬田では現在行われていないそうです。
130112-2-02.jpg

地図を頼りにようやくたどり着くと、境内に大きな松明が6基並べられていました。
130112-2-03.jpg

ちょっと早めに着いてしまったので、寒い中ひたすら待つ・・。
130112-2-04.jpg

空が真っ暗になった夜7時頃から神事がはじまります。
130112-2-05.jpg

室内での神事が終わった後、火を持った人が走り出てきて大松明に点火。
テレビカメラの撮影クルーがいたので、ライトが当てられてよく見えました。
130112-2-06.jpg

次々に点火していきます。
130112-2-07.jpg

あっというまに大きな火柱が上がり、すぐ側で見ていると火傷しそうに熱かったです。
130112-2-08.jpg

火の点いた大松明の柄の部分を揺らして・・・、
130112-2-09.jpg

燃えさかる穂先を落とすとみんなで担ぎ上げて・・、
130112-2-10.jpg

境内から運び出します。
130112-2-11.jpg

鳥居の外まで運んで行って、町を流れるきれいな水路で消火するそうです。
130112-2-12.jpg

境内ではまだ松明の穂先の藁を燃やし尽くします。
130112-2-13.jpg

勇壮でエキサイティングな火祭りを見学させていただきました。

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

守山市第一なぎさ公園の菜の花

守山市第一なぎさ公園の菜の花を観に行きました。

130112-1-01.jpg

午前中は曇っていましたが、雲の上に白い山が顔を出して幻想的な風景でした。
130112-1-02.jpg

菜の花も見頃。
130112-1-03.jpg

130112-1-04.jpg

130112-1-05.jpg

浜の方まで歩いて行く間に、だんだん晴れてきました。
130112-1-06.jpg

130112-1-07.jpg

お昼頃には空も出てきました。
130112-1-08.jpg

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

マキノ・メタセコイア並木の夕暮れ

(2013/01/05撮影)
竹生島に行った後、マキノのメタセコイア並木を観に行きました。

130105-2-01.jpg

雪はきれいに積もっているものの・・
130105-2-02.jpg

お天気が良く、日が当たって暖かかったので、
メタセコイアの枝の雪は無くなっていました。
130105-2-03.jpg

ピックランドも一面雪景色。
果樹園も今は何もありませんが、きれいな雪で雪だるまをつくってみたり・・。
130105-2-04.jpg

メタセコイア並木の向こうに沈んでいく夕日。
130105-2-05.jpg

枝に雪がある真っ白な並木の風景もまた見てみたいものですが、
夕日のシルエットもなかなか美しい風景でした。
130105-2-06.jpg

帰り際、マキノの駅のホームでは、線路の向こうに夕日が沈んでいきました。
130105-2-07.jpg

夕日の反対側の山は赤く染まっていました。
130105-2-08.jpg

夕焼けの中、京都に帰りました。
130105-2-09.jpg

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

冬の竹生島クルーズ

年明け最初の週末は、雪を求めて湖西を北上してみました。
堅田を過ぎたあたりから新快速の車窓から雪景色が見え始めました。

130105-1-01.jpg

近江今津から船に乗って竹生島へ。
130105-1-02.jpg

だんだんと山の白さが増していきます。
130105-1-03.jpg

船の窓から琵琶湖と山々の雪景色をながめつつ、
京都駅で買ってきた駅弁を食べました。
(竹生島クルーズはお弁当持ち込みOK)
130105-1-15.jpg

約30分ほどで竹生島に到着。
130105-1-04.jpg

ツアーの団体さんがいたり、大きな船(ビアンカ)も着船したりで、
たくさんの人で賑わっていました。
130105-1-05.jpg

まずは竹生島神社エリアから。
舟廊下の下を歩いて、一番景色の良い竜神拝所へ・・・
っと思ったら工事中で残念なことになっていました。
130105-1-06.jpg

本殿前もその工事の養生などで隠れて、障害物無く見えるのはこんな感じでした。
(参拝はできます。)
130105-1-07.jpg

竹生島神社と宝厳寺のあいだの舟廊下。
130105-1-08.jpg

宝厳寺の観音堂。
桃山様式の派手な装飾に、びっしり張られた千社札が、
デザイン的に上手く合ってますよね。
130105-1-09.jpg

三重塔。
130105-1-10.jpg

本堂(辨財天堂)
130105-1-11.jpg

願い事を書いた紙をだるまの中に入れて封印して奉納すると一年間ご祈祷していただけるそうです。
130105-1-12.jpg

お天気も良く、この長い階段の雪が無くてよかった。
雪が積もっていたらちょっと足下が危なかったかも・・。
130105-1-13.jpg

竹生島の船着き場からは、向こうに伊吹山が見えました。
130105-1-14.jpg


竹生島神社
http://www.chikubusima.or.jp/


竹生島 宝厳寺
http://www.chikubushima.jp/


琵琶湖汽船
http://www.biwakokisen.co.jp/

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

琵琶湖桂浜の彼岸花

(2012/09/29撮影)
久しぶりに琵琶湖の彼岸花を観に行きました。

120929-1-01.jpg

今年はどこの彼岸花も開花が遅いようで、
こちらもまだほとんどがつぼみでした。
120929-1-02.jpg


まだ咲き始めたばかりなので、枯れた花がなくてきれいです。
120929-1-03.jpg

開花が遅いのと、花の株自体も少ないような気がしました。
120929-1-04.jpg

群生を観るのはまだ少し時期が早かったのですが、
花は咲きたてできれいなので、三脚を立てて花のアップを撮っている人多かったです。
120929-1-05.jpg

咲き始めはおしべがまだ短いんですね。
120929-1-06.jpg

白っぽく飛ばしてみました・・・ウソです失敗写真です。w
120929-1-07.jpg

琵琶湖の向こうにうっすら見える島影は竹生島です。
120929-1-08.jpg

カメラを構えていたところに蝶がたまたま飛んできました。
120929-1-09.jpg

近江今津は京都よりだいぶ北になるからか、
この日の午前中は台風の影響がほとんどなくいいお天気でした。
120929-1-10.jpg

*JR近江今津からのアクセスは、路線バスがなくなり予約制(1時間前までに)の乗り合いタクシーのみになっているので詳細は下記サイトでご確認ください。

高島市観光情報
http://www.takashima-kanko.jp/

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

近江八幡・水郷めぐり

(2012/09/15撮影)
八幡堀・町並み地区から少し歩いて、水郷めぐりの舟に乗りに行きました。
(水郷めぐりの舟も近江八幡観光パスポートで割引があります。)
120915-4-01.jpg

乗合舟の最終便になんとか間に合って、出発時間まで少し待っていると、
他のお客さんは来なかったので貸し切り状態で舟を出してもらえました。
120915-4-02.jpg

水郷めぐりの舟は何社かあって、それぞれ乗り場もコースもちがうのですが、
こちらの舟は手こぎの和船で、船頭さんが漕ぎながら観光ガイドもしてくれます。
120915-4-04.jpg

細い水路を通ったり・・・、
120915-4-03.jpg

こんな広々とした場所に出たり・・・。
120915-4-05.jpg

もともと農業用の水路だったそうで、複雑な水路が西湖や琵琶湖までつながっているそうです。
120915-4-06.jpg

葦の神様を祀る小さなほこら。
120915-4-07.jpg

鴨やカイツブリは日が暮れる前にエサ探しをしているようでした。
カイツブリは潜水してエサをとりますが、鴨は頭を突っ込んでおしりを水面に出したままエサをとってました。
120915-4-08.jpg

この水郷めぐりのコースでは橋を10個ほどくぐるそうですが、
この橋をくぐるとき、ちょうど水面に夕日が反射して、
橋脚や天井(橋の裏)をキラキラ照らしていてとても綺麗でした。
120915-4-09.jpg

このコースでは桜並木も通ります。
春の桜の季節には、橋の上や土手に素人カメラマンがたくさん来るらしいです。w
120915-4-10.jpg

春には、桜の他に菜の花や芝桜も咲かせているそうで、
いろいろと見所を作って観光客を楽しませてくれるようです。
これからの季節はコスモスが咲くみたいですね。
120915-4-11.jpg

たっぷり70~80分かけて葦の水路をめぐる旅。
港に帰る頃には日が暮れていました。
120915-4-12.jpg



近江八幡観光物産協会
http://www.omi8.com/

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

近江八幡・八幡山

(2012/09/15撮影)
近江八幡散策の途中、ロープウエイで八幡山に登ってみました。
(*近江八幡観光パスポートで乗れます*)

120915-3-01.jpg
八幡山ロープウエイ
http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/index.html



この山は豊臣秀吉の甥である秀次の城だったそうです。
120915-3-02.jpg

120915-3-05.jpg

お願い地蔵堂。
120915-3-03.jpg

少し色づきはじめたもみじ。
120915-3-04.jpg

山頂からの景色。
西側には琵琶湖の対岸に比良の山並みが見えます。
120915-3-06.jpg

東側は、西湖とその向こうに安土山。
120915-3-07.jpg

山頂にあった珍しいかわらの絵馬。
120915-3-08.jpg

お昼過ぎの暑い時間だったので、ぐるっと一周して下山しました。
八幡山はこの写真奥の小高い山です。
120915-3-01b.jpg


近江八幡観光物産協会
http://www.omi8.com/

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

近江八幡・町並み散策

(2012/09/15撮影)
八幡堀まつりのライトアップが始まるまで、昼間はあちこち散策して過ごしました。

120915-2-01.jpg

今回は、駅の観光案内所で近江八幡観光パスポートというお得なチケットを買って観光したので、
パスポートで入館できる施設をめぐりました。
(*ここに載せている以外にも入館できるところはあります*)

まずは、旧伴家住宅。
住宅といっても女学校や役場や図書館だった時代もあったそうなので、
個人のお家という感じではありません。
120915-2-02.jpg

郷土資料館。
庭というか物置みたいな感じで展示してあった昔のバイク。
英国製だそうです。
120915-2-03.jpg

このあたりの町並みには、普通にこの懐かしい郵便ポストがありました。
もちろん現役です。
120915-2-04.jpg

旧西川家住宅。
とても大きなお家で、中庭が見えるお座敷に座ってみると、
風鈴の音と秋の虫の声が聞こえてきて、しばらくそこに座っていたいような、
落ち着いた静かな時間をほんの一瞬あじわうことができました。
120915-2-05.jpg

八幡堀。
120915-2-06.jpg

川沿いを歩いていると、ときどき八幡堀めぐりの舟がゆっくりと通って行きます。
120915-2-07.jpg

お昼は八幡堀畔の浜ぐらさんで「赤の他人丼」を食べました。
近江牛と赤こんにゃくと温泉卵の丼で、思った以上に美味しかったです。
浜ぐら
http://www.hamagura.jp/

120915-2-08.jpg



午後からは、ロープウエイで八幡山に登りました。
    その記事はこちら  >>



八幡山から下山後は日牟禮八幡宮へ。
120915-2-11.jpg

そしていつものクラブハリエでひとやすみ。
120915-2-12.jpg

今回はショップの2階の焼きたてバームクーヘン専門のカフェに行きました。
以前にここのお庭が見えるカフェで食べたバームクーヘンは、
焼きたてでももうすっかり冷えて生地も締まっていたのですが、
今回は、守山の店ほどほかほかではないにしろ、まだ温かくて柔らかいバームクーヘンを食べることが出来ました。
たねや
http://taneya.jp/

120915-2-13.jpg

かわらミュージアム。
ここは建物そのものも見所です。
120915-2-09.jpg

かわらを埋め込んだ美しいデザインの通路。
120915-2-10.jpg


このあと、ライトアップまでまだ時間が有るので、水郷めぐりの舟に乗りに行きました。
    その記事はこちら  >>


近江八幡観光物産協会
http://www.omi8.com/

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。