スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城南宮・曲水の宴

(2012/04/29撮影)
鳥羽水環境保全センターの藤を見に行った後、そこから歩いて行ける城南宮へ。
曲水の宴を観に行きました。

120429-3-01.jpg

曲水の宴 式次第
120429-3-12.jpg
(クリックで拡大します。式次第の詳細はこちらをご覧ください。)

一、歌題拝見
120429-3-02.jpg

一、水辺著座
(*女性の歌人のみ介添えが付きます*)
120429-3-03.jpg

120429-3-05.jpg

 白拍子の舞
120429-3-04.jpg

一、流觴曲水
120429-3-04b.jpg


一、一觴一詠
120429-3-06.jpg

一、神酒拝戴
120429-3-07.jpg

120429-3-08.jpg

一、披講(和歌朗詠)
120429-3-09.jpg


*この披講のあいだに報道カメラが場内に入って、歌人達はもう一度短冊に書いたり、童子が羽觴を流したりします。
つまり撮影用に曲水の宴をやってるのフリをするのです。
テレビのニュース映像などで流れているのは、実は撮影用のダミーなんですよ。*
120429-3-10.jpg

参宴者退下
120429-3-11.jpg


城南宮
http://www.jonangu.com/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

城南宮・曲水の宴

鳥羽の藤のあとは、川沿いを歩いて城南宮へ。
曲水の宴を見に行きました。

110429-2-01.jpg

お天気が不安定な感じでしたが、小雨がぱらついたのはほんの一瞬でした。
110429-2-02.jpg

今年のお題は「竹不改色(たけいろをあらためず)」。
110429-2-03.jpg

羽觴の背に乗せた盃が流れて来る間に歌を詠みます。
110429-2-04.jpg

全員が詠み終わると、童子が短冊を集めます。
110429-2-05.jpg

披講。
今年は、竹の青く勢いよく育つ姿を、東日本大震災から復興への祈りや思いを歌に詠まれていました。
110429-2-06.jpg

お庭のツツジが咲き始めていました。
110429-2-07.jpg


城南宮
http://www.jonangu.com/
関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

城南宮・曲水の宴

GW初日は、城南宮曲水の宴を見に行きました。

100429-2-01.jpg

午前中は鳥羽水環境保全センターの藤を見に行って、
そこから、川沿いをのんびり歩いて城南宮に向かいました。
開催の90分前ぐらいに着いたのですが、席がまだ結構あいてました。
100429-2-02.jpg

庭園の遣り水沿いに歌人が座り、童子が羽觴(うしょう)の背に盃を乗せて流します。
100429-2-03.jpg

羽觴
100429-2-04.jpg

歌人は、歌を詠み終わったら盃を取りお酒をいただきます。
100429-2-05.jpg

全員が書き終わったら、童子が短冊を集めてまわります。
100429-2-06.jpg

したためられた歌が披露されます。
今年のお題は「寄衣恋(きぬによするこい)」でした。
100429-2-07.jpg

他のお庭の方もとてもきれいでした。
バラのような白い椿。
100429-2-08.jpg

水辺に咲いていたクリンソウ。
100429-2-09.jpg

ツツジ類は、例年よりまだ少なめでした。
100429-2-10.jpg

藤もまだ咲き始め。
100429-2-11.jpg

だいたいこういう行事は、どこでも特別料金が必要だったりするのに、
城南宮では、曲水の宴の観覧が無料な上に、
普段は拝観料が必要なお庭も、この日は無料開放されています。
GW初日にはうれしい行事ですね。
100429-2-12.jpg


城南宮
http://www.jonangu.com/

関連記事

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

城南宮・曲水の宴

今日は良い天気になったので、城南宮の「曲水の宴」を見に行きました。

090429-1-01.jpg

去年は人垣でほとんど見えなかったので、
今回は早めに行って良い席を確保しました。
…おかげで、炎天下で2時間ほど待ちましたけど・・・。(^^;)

これは、歌人が座られる場所に準備してある小さなテーブル。
筆や短冊が置いてあるようです。
短冊に添えてあるヤマブキの枝は、
盃を飲み干した後に、飲み干した印に花を一輪盃に入れて流すためのものです。
090429-1-02.jpg

曲水の宴開始時間になると、本殿に拝礼されたあとに、
歌人たちが会場に入って来られます。
090429-1-03.jpg

歌題拝見。
歌人が初めて歌題を見ます。
090429-1-04.jpg

水辺著座。
歌人達が遣り水の座に着かれます。
090429-1-05.jpg

白拍子の舞。
090429-1-06.jpg

流觴曲水。
童子(わらわ)が盃を乗せた羽觴を流します。
090429-1-07.jpg

一觴一詠。
歌人は、最初の盃を見送った後、和歌を詠みます。
遣り水の流れの途中で羽觴が止まってしまったら、童子が棒でつついて流します。
090429-1-08.jpg

神酒拝戴。
歌人は、短冊に歌をしたためたあと、流れてくる羽觴の盃を取ります。
090429-1-09.jpg

全員が盃を取った後、童子が短冊を集めます。
この子がとても可愛らしい仕草で一生懸命お手伝いしているので、
会場内のあちこちから「可愛い~~」と声が上がっていました。(^^)
090429-1-10.jpg

披講(和歌朗詠)。
歌人の歌が朗詠されます。
(このあいだに報道陣向けの撮影タイムもありました。笑)
090429-1-11.jpg

以上で曲水の宴は終わりましたが、
そのあと、このお庭でひいな流しが行われました。
090429-1-12.jpg

一般の観覧者も、紙のひとがたが流せます。
また、それが上手く流れるように童子たちがお手伝いしていました。(一番上の写真)
090429-1-13.jpg


城南宮
http://www.jonangu.com/
関連記事

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

城南宮・曲水の宴

城南宮で行われた曲水の宴を見に行ってきました。

歌人は、この場で初めて歌題を知らされます。
080429-1-01.jpg


歌人が庭の小川に沿って座ると、舞楽「桃李花若紫」の舞が宴に華を添えます。
080429-1-02.jpg


舞が終わると、盃を乗せた羽觴(うしょう)が小川に流され、
歌人は、一杯めの盃をやりすごし、歌を詠みます。
080429-1-03.jpg


この牛若丸のような少年(童子)は、小川の途中でひっかかって流れなくなった羽觴を、
棒でつついてちゃんと流れて行くように補助したり、
歌人のお手伝いをしたりする役目。とてもかわいいです。
080429-1-04.jpg


歌人全員が短冊に歌をしたため、盃を飲み干したら、
童子が短冊を歌人から預かって朗詠者に渡します。
そして、朗詠者が歌を披露します。
…っがなんとびっくり、私はこういう行事は初めて見たのですが、
歌の披露は、この数人の朗詠者の方全員でのコーラスなんですね。
それがまた、抑揚もぴったり息があっていて、
すばらしい歌になっているんです。ちょっと感動でした。
080429-1-05.jpg


他のお庭では、ツツジがきれいに咲いていました。
080429-1-06.jpg


この赤いツツジは、キリシマツツジともちょっとちがう、
もっと深紅なツツジ。
080429-1-07.jpg


藤もきれいに咲いていました。
080429-1-08.jpg



城南宮
http://www.jonangu.com/
関連記事

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

       

Copyright notice

「京都・フォト日記」に掲載されている記事や写真の無断転載、盗用は固くお断りします。

引用については著作権法第32条第1項に基づき、公正な慣行に合致する方法でおこなってください。
とくに出所の明示(第48条)を遵守してください。
そのうえで、引用元ページへのリンク、または、引用する旨のご連絡をお願いします。

Copylight (C)2007-2015 京都・フォト日記 yukari, All rights reversed.

お申し出のない無断使用を発見した場合は厳しく対処させていただきます。

【フリー素材の写真をお探しの方へ】
当ブログに掲載している写真の無断使用はお断りしております。
アダルト以外の非営利の個人ブログ・サイト様は、メールかコメント欄で一言お知らせいただいた場合に限りお使いいただけます。

商用サイト(アフィリエイトサイトも含む)でのご利用をご希望の方は、メールにてご相談承ります。
メールフォームはこちら
また、下記のサイトでも一部の写真を販売しております。
写真素材-フォトライブラリー
写真素材フォトライブラリー

Admin

Analyzer

Translate this blog into

About Me

yukari

Author:yukari
Free Birds
デザイナー
京都出身・京都在住
カメラ:70D、IXY 430F、
iPhone6plus
時々ボスsakaguchiの写真もあり

About Blog

Free Birds
http://freebirds-design.com/


Free Birds スタッフブログ

京都に暮らす人のおでかけの参考になる、旬の京都情報をお届けします。
また、美味しいもの、素敵なもの、カッコいいもの・・・など、筆者の個人的趣味の情報も・・・。

写真は業務用の写真素材として、また、個人の記録写真として撮ってます。

twitter
ブログの更新お知らせと、出掛けた場所からリアルタイム情報をiPhoneで投稿します。
Links
Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSS
Please click
Shopping
Recent Posts
Recommend

当ブログ内の人気キーワード

 

お気に入りのお店

Other Keywords
Categories
Archive
Information
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Please vote
お気に召していただけたら
ぜひ、クリックしてくださいね。

FC2ブログランキング

Please click
京都関連の本
Please click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。